大手に落ちるのは何が足りない?エントリーシート(ES)の内容を見直そう

1706_1_91(1)

就職活動で焦りは禁物ですが、5月や6月になっても大手から内定をもらえないとプレッシャーは大きくなっていくことでしょう。中には、エントリーシート(ES)の段階で落とされ、面接にまで辿り着けない人も珍しくありません。まるで自分の人格を否定されたような気持ちになり、みじめな思いをしている就活生も大勢います。しかし、自分自身に問題があるというよりも、ESの内容に問題があるケースが考えられます。ここでは大手に落ちる人のESについて解説します。

大手ほどESの通過率は低い傾向がある

多くの人が可能なら大手企業で働きたいと願っています。給料面や仕事のスケールを考えると、できるだけ大きな会社に就職したいと考えるのは当然のことです。しかし、同じ思いを大量の就活生が抱いていると心得ましょう。 ESの応募数が少ない中小企業であれば、応募者一人一人を大切にしたいと考える傾向があります。そこで、まずは面接に呼んでみて、採用担当者の目で人間性を確かめようとします。しかし莫大な量のESが送られてくる大手企業では同じように対応ができません。そのため、ESの通過率を下げて面接に来る人数を絞り込む必要があります。大手を相手に面接まで辿り着くためには、数え切れないほどのライバルの中からインパクトを残せるESを書くことが大切なのです。

自分の適性と志望先が合っているか

1706_1_91(2)

大手に落ちるばかりで、一向に面接まで進める気配がない人は、志望している業界を再確認してみるのもいいでしょう。志望者の経歴や能力が、業界とまったく合っていない可能性があります。 就職とは、一生働くことになるかもしれない会社を決める重要なプロセスです。仮に「給料がいい」、「有名だから」などの理由で企業を選んでもモチベーションが持続しない恐れがありますし、採用担当者はそういった曖昧な志望動機を敏感に読み取ります。大手でESに通過するためには、「どうしてこの企業がいいのか」を明確にすることが重要です。自己分析を徹底し、本気で働きたいと思える業界を見つけることができれば、自ずとESの内容も充実していくことでしょう。

ESでは「企業が聞きたいこと」を考える

ESは自己PRの場でもあります。企業が魅力的に思える人間像を演出することで、面接に呼ばれる可能性は広がります。自己PRに力を入れているにもかかわらずESで落ちる人は、「企業の聞きたいこと」よりも「自分が言いたいこと」を優先してしまっているとも考えられます。 自己PRがいくら徹底していても、企業に貢献できる要素でなければ高評価は得られないでしょう。たとえば、海外との取引がない会社に対して、語学力はあまりPRポイントになりません。しかし、語学力を身につけるために行ってきた努力をPRすると、企業の関心を引ける場合もあります。企業が求める人物像を調べたうえで、それに合わせるようにESを書いてみるのがおすすめです。

ESの使い回しはやめたほうがいい理由

複数の志望先がある人はESもテンプレート化すると効率がよくなります。ただし、丸っきり同じ内容を複数の企業に対して送ると落ちる確率が増えます。 理由としてはまず、内容に矛盾点が生じやすいからです。ある業界において的確な志望動機や自己PRが、他の業界でも有効だとは限らないでしょう。 一々書き換える手間を省くため、どの業界にも当てはまるような内容でテンプレートを作る人もいます。しかし、実のところそれは単に無難な内容でしかないことがほとんどです。本気で「この会社に入りたい」と願いESを書いてきたライバルたちよりも、強い印象を残すことはほぼないでしょう。たとえ手間であっても、氏名や学歴などの基本情報以外は、テンプレート化しないようにするのが賢明です。

企業研究がESの通過率を上げる 1706_1_91(3)

ESの内容を充実させるためには、企業研究をしっかりと行って対策を練ることが求められます。ジョブコミットなどの就職応援サイトでは、ホームページなどでは分からない業界の深い部分を情報収集できるので、企業研究に役立つでしょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る