就活の面接で将来のキャリアプランを質問されたときに慌てない方法

1706_1_81(1)

就活の面接では将来のキャリアプランについて質問されることがあります。まだ働き始めていない段階で、こういった質問を受けることに面を食らってしまう人もいるかもしれません。しかし、面接での質問である以上、しっかりとした受け答えをすることは大切です。実際の面接で慌ててしまわないために、事前の準備をきちんと練っておきましょう。また自分の将来の目標を見定める良いきっかけにもなるので、意識的に取り組んでみてください。

そもそも将来のことについて尋ねられる理由

面接の担当者が将来のことについて質問をする意図は、企業側が考える目標と本人が目指す目標がどれくらい一致しているかという点を確認したいからです。本人の考えと企業が求める方向性にあまりに大きな溝があっては、「先々この人物は辞めてしまうのではないか」と企業側は感じるといえます。そうしたミスマッチを防ぐためにも、面接の段階で就活生に将来のことを聞くのは自然なことでもあります。ですので、面接を受ける前には企業のホームページや配布されているパンフレットなどによく目を通して、企業側の考えをよく理解しておきましょう。そのうえで、自分の将来の目標などを誠実に話していく姿勢が大切です。選考に通りたいからといって心にもないことを口にしてしまうと、後から苦労をしてしまうのは自分だということを忘れないようにしましょう。

キャリアプランについて教えてくださいと言われたときの対応策

1706_1_81(2)

採用担当者から「将来のキャリアプランについて教えてください」と質問されたときには、現在の自分の努力と絡めて話をすることを心がけてみましょう。応募先の企業が展開している事業に関連した勉強をしていたり、仕事のために必要な資格を取得していたりすると、採用担当者の印象も良くなります。「この人物は今こういったことを勉強しているのだから、長く働いてくれるに違いない」といった安心感を抱いてもらえるのです。企業側としては具体的な目標を設定して努力を続けられる人物であれば、モチベーションを保ちながら仕事に取り組んでくれるはずだという期待があります。キャリアプランについての質問は、就活生の目標意識を見られていると考えておきましょう。

10年後の自分について問われたときの対応策

「10年後にはどういったことに取り組んでいたいですか」といった質問には、できるだけ具体的に答えていく必要があります。回答としてはもちろん、応募先の企業の仕事や事業に直接関わる内容にしましょう。説得力を持たせた話し方をするためには、応募先の企業でしかできないことを語っていく姿勢が大切です。他の企業でもできることであれば、採用担当者からすれば「この人物は将来的にわが社を去ってしまうのでは?」といった疑念が生まれてしまいます。海外での事業展開に力を入れている企業であれば、10年後は海外の事業所や支店で経験を積みたいといった感じで、具体的な働き方をイメージしながら質問に答えるようにしてみましょう。応募先の企業で働くことに説得力のある回答を示せれば、採用に大きく近づいていけます。

自分の目標について聞かれたときに慌ててしまわない方法

「今のあなたの目標は何ですか?」といった質問をされる背景には、就活生の目標に対する意識を知りたいといった採用担当者の意図があります。仕事に対してきちんと自分で目標を設定して行動できる人物かどうかを見定められているといえるでしょう。「自分自身を成長させたい」といった漠然とした内容ではなく、「何を・いつまでに・どんな形で実現したいのか」をできるだけ具体的に伝えていく必要があります。仕事上の目標であれば、「3年後には〇〇の業務に携わりたい」といったように、応募先の企業の仕事内容に合わせて自分の目標を語っていくことが大切です。明確なキャリアアップの姿勢を示していくことが、面接では大切になってくるといえます。

落ち着いて回答することを心がける 1706_1_81(3)

面接できちんと質問に答えなければという意識が働きすぎてしまうあまり、背伸びをした回答をしてしまってはいけません。採用担当者が知りたい点は「どういった考えを持っている人物なのか」という点なのです。テンプレート的な回答をしてしまうのではなく、自分の言葉でしっかりと語りましょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る