気になる就活の面接試験!「色」について質問されたらどうする?

Human resource concept and Job interview

就活を勝ち取るためには面接試験に合格することが大切です。そのためには、面接試験でどのような質問をされるかを想定して、具体的な回答を用意する必要がでてきます。そのためには、質問内容や回答方法を参考にしながら、自分をアピールできるようにまとめておきましょう。もちろん、回答事例を鵜呑みにするのはよくありません。それとは別に、意表を突くような質問がある可能性も考えておくと、慌てなくても済むのではないでしょうか。その1つに「色」に関する質問があります。ここでは、色に関して聞かれたときの回答方法を含め、面接試験対応方法についてまとめました。

質問の目的を理解しよう!

就活で結果を出すためには、入念な準備が必要になります。特に、面接試験は避けて通ることができません。また、緊張しやすい場所だけに、しっかりとした対策をして臨むことが大事です。そのためには、就活生の体験談などを有効活用するとよいでしょう。 一方、応募先企業のほうも就活生対策を行っています。意表を突くような質問内容が含まれるのもそのためです。その1つに「自分を色に例える方法」があります。こちらの質問の目的は、就活生が好きな色を知るためではありません。自分の性格や考え方を色に例えた答えが求められているのです。 このような質問を投げかけることによって、臨機応変に対応できるかどうかを見られていることを知っておきましょう。また、面接試験という大事な場面でのストレス耐性やコミュニケーション能力なども観察されています。

色選びのポイントとは!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「あなたを色に例えるとどんな色ですか?」と聞かれたときは、選んだ色のイメージと自分自身を結びつけることが大切です。そのためには「色選び」を誤らないようにする必要性がでてきます。好きな色が自分を表現する色とは限りませんので、くれぐれも注意が必要です。 ちなみに、就活生に人気の色として、さわやかな「青」、情熱的な「赤」、若葉をイメージする「緑」などがあります。どんな色も染まる「白」、周囲を引き立てる「黒」なども注目されています。なお、面接試験の質問には「野菜」や「動物」などに例えて答えるケースもあります。また、大金をもらったときの使い途、商品に付けるキャッチコピーなど、いろいろな質問も考えられます。もし、尋ねられたときは心を落ち着かせましょう。そのうえで、答えに窮したときはその旨を素直に伝えるほか、次の機会までに答えを出しておくといった前向きな対応が望まれます。

理想的な回答方法は?

面接試験で「あなたを色に例えるとどんな色ですか?」と聞かれたときは、自分が選ぶ色とそのイメージだけで終わらないことが大事です。自分の性格や願望などを結びつけられる答えを用意しましょう。 その1つ「白」には「どんな色にも染まる」とのイメージが大きいですが、別の視点からみることも大切です。「相手に合わせて臨機応変に対応できる」と表現したうえで、クラブ活動などのエピソードを加えましょう。つまり、「色+イメージ+エピソード」を意識した話し方がポイントになるのです。 そのためには、結論(私は白だと思います)→理由(なぜなら~)→解説(例えば~)→結論(だから白です)といった、「ロジカルトーク」を意識することをおすすめします。 なお、選んだ色によっては「かわいい」など幼いイメージがあるため、避ける必要がでてきます。ウケを狙った回答も望ましくありません。面接試験の場では真剣に答える姿勢が求められます。

面接試験のために必要なこととは?

面接試験では、いかに自己分析ができるかどうかが大きなポイントになることを知っておきましょう。 面接試験に臨む就活生どうしで、同じ色を選ぶ場合も少なくありません。しかし、それ自体は気にしなくてもよいでしょう。大事なことは、自分の性格などとの結びつけ方です。また、このようなタイプの質問には、決められた答えがない点に大きな特徴があります。 ただし、自分が選んだ色に対するきちんとした理由付けが必要です。また、自分自身を客観的に自己分析できることが不可欠といえます。自分をよく知るためには、家族や友人など、身近な人からアドバイスを受けましょう。就活に成功した学生の体験談を参考にすると、面接試験対策のヒントになるかもしれませんね。 このような方法で情報収集を行った結果、自分の性格や特徴などに合った色を選ぶことをおすすめします。

色選びを機に正しく自己分析しよう! Daily Nine to Five

「あなたを色に例えるとどんな色ですか?」と聞かれたときは、自分の性格や特徴に結びつけて答えることが大切です。具体的なエピソードを交えたうえで、説得力のある答えを用意しましょう。そのためには、きちんとした自己分析が必要になります。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る