就活の面接での質問数と質問内容!その予測の仕方と注意点

1706_1_62(1)

面接は就活の合否を決める非常に重要なポイントですが、気になるのは質問の数とその内容です。もしそれらを知っていれば、前もって準備もでき、もっと自信をもって面接に臨めるのではないでしょうか。そこで、事前に面接の質問数やその内容について予測する方法を考えてみました。また、せっかく予想をしても実際はそれより質問数が少なく、早々と面接が終わるケースもあります。それが何を意味するのかについても合わせて説明をしていきます。

最初に一般的な企業の面接時間と質問の数を想定

志望会社の面接における質問数と内容を予測する前にまず、一般的な就活の面接ではどうかを考えてみます。個人面接の場合、平均的な面接時間は30分前後だとしましょう。それを前提に推測すれば、ひとつの質問に対する回答が5分前後かかるとして質問数は5つ~7つということになります。そして、次に、ネットや書籍を参考にしつつ就活の面接でよく聞かれる質問を挙げてみましょう。代表的なものとしては、「自己紹介をお願いします」、「志望動機を教えてください」、「長所と短所を教えてください」、「学生時代にがんばってきたことはなんですか」、「入社してから行いたい仕事はなんですか」、「尊敬する人物を挙げてください」、「最近気になったニュースはなんですか」、「何か質問はありますか」などが考えられます。まずはこれらの基本的な質問について確実に答えられるようにしておきましょう。最初にこれを行うことでどの会社の面接でもある程度対応できるようになります。

過去の傾向から予測!志望会社の面接における質問数と質問内容

1706_1_62(2)

一般的な面接におけるよくある質問についてなんと回答するかをまとめた後は、いよいよ志望会社の質問予想を行っていきます。まずは大学の先生や先輩などに話を聞いて過去にどのような質問が出たかを把握しましょう。また、それを知るためには卒業生の就活レポートを探してみるのも有効です。さらに、ネットには各企業の面接に関する体験談が出回っています。それらの情報を集めれば、面接時間、質問数、質問内容などの傾向が見えてくるでしょう。特に、過去に何度も頻出している質問に関しては本番の面接でも聞かれる可能性が高いといえます。したがって、少なくともその質問には何と答えるかを念入りに考えておいた方が賢明です。

集団面接の質問予想とその対策を行う際の注意点

面接は個人面接だけでなく、5人1組などで行う集団面接の場合もあります。こういったケースでも質問内容の予測の仕方は基本的には個人面接と同じです。しかし、予測した質問に対してどう答えるかについて考える際には、注意すべきポイントがいくつかあります。まず、集団面接は同じ質問に複数の人間が答えるため、時間の関係からどうしても質問の数は少なくなる傾向があります。つまり、少ない質問の中で確実に自分をアピールできる回答を用意する必要があるのです。また、ひとつの質問に対する回答時間ですが、5人の集団面接を30分で行うと仮定すれば、3つの質問があればそれぞれの回答時間は2分程度になります。つまり、より短い時間で印象に残る回答が必要な集団面接は個人面接よりも難易度が高いといえます。したがって、志望する会社に集団面接がある場合は通常より早めに対策に取り組んだ方がよいでしょう。

予想より質問数が少ない!その場合に考えられる理由

せっかく面接対策をしてきたのに予想より質問数が少なくて拍子抜けをする場合があります。同時に、質問が少ないのは自分に興味がないからではないか?と不安になるかもしれません。しかし、質問数が少ないことが不合格に直結しているとは限らないのでまずは慌てないことが大切です。それではなぜ、質問数が予想より少ないケースがあるかというと、例えば、その年の面接官がたまたま質問を絞って相手を判断するタイプだったとも考えられます。また、質問を次々と投げかけるのではなく、あえて質問と質問の間を開けて相手の反応を見ようとしているのかもしれません。いずれにしても、予想外のことが起きてもおどおどせず、冷静に対処することが大切です。

採用率を高めるために有効な面接の事前シミュレーション 1706_1_62(3)

就活の山場ともいえる面接を乗り切るには過去のデータを参考にしつつ、どのような質問がいくつされるかといった予測を行い、事前に面接のシミュレーションをしてみることが大切です。その予測が当たれば、それだけ採用の可能性を高めることになりますし、そうやって準備を行うこと自体が自信となり、それによって落ち着いて本番に臨めるようになります。ただし、もし、予想が外れたとしても慌てることなく、堂々とした態度で乗り切れるように心の準備をしておきましょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る