手書き?印刷?就活の履歴書はどちらで作成すべきなのか

1706_1_59(1)

就活では企業に応募する際に履歴書を提出しなければなりません。そこでよくある疑問が、手書きと印刷のどちらで作成すべきなのか、というものです。これは人によって大きく意見が異なっており、手書き派と印刷派の間で論争が繰り広げられています。しかし実際に履歴書を提出しなければならない就活生にとっては切実な問題であり、論争の決着を待っているわけにはいきません。一体履歴書はどちらの方法で作成すればよいのでしょうか。

手書きが無難

結論からいうと手書きで履歴書を作成するのが無難です。もちろん、企業からパソコンで作成することを指定されている場合はそれに従うべきですが、そうでない場合は手書きが良いでしょう。その理由としては、パソコンで印刷された履歴書を嫌う人がいるからです。「履歴書をパソコンで印刷するのはけしからん!」と言って不採用にすることはあっても、「履歴書を手書きで作成するのはけしからん!」と言って不採用にされることはほとんどありません。面接で人柄を見られることもなく、履歴書という書類、しかもその作成の仕方という形式だけで不採用になってしまうのは非常にもったいないです。手書きで履歴書を作成するのは確かに手間ではありますが、少しの手間だけで不採用の可能性を低くすることができるのなら、その手間には十分な価値があるでしょう。

なぜ印刷は嫌われるのか

1706_1_59(2)

それではなぜ印刷された履歴書は嫌われる傾向があるのでしょうか。これは一概にいうことはできませんが、その背景には日本独特の文化があることが考えられます。履歴書は企業に応募するための挨拶状のようなものであり、応募者と企業が初めて会う場面でもあります。その重要な場面で、パソコンで打ち込んだ無機質とも感じられる文字に不快感を感じる人がいるのは不自然ではないでしょう。特に日本は文字を重んじる文化があり、年賀状や暑中見舞などからも伺うことができます。企業に対して「よろしくお願いします」という気持ちのこもった、丁寧に書かれた文字に好感を持つ人がいるのは紛れもない事実です。何が正しいとはいえませんが、このような考えを持つ人を察し、それを尊重することも大切なことです。

どうせ書くならしっかりと書こう

以上のように、特に指定がない場合は手書きで履歴書を作成するのが無難です。しかし無難だからといって単に手書きにするのではなく、どうせ手で書くのならば気持ちが伝わるような書き方を心がけてみましょう。どうすれば読みやすく書けるだろうか、というような読み手を意識した書き方を考えてみることも大切です。また、鉛筆ではなくボールペンを使う、間違っても修正液は使用しない、というような基本的なマナーを守ることも忘れてはいけません。履歴書は正式な文書であり、書き方にはルールがあります。実際に働くと正式文書を作成する機会もあるため、今のうちにマナーを覚えておくことは決して無駄なことではありません。

パソコンが許される場合

履歴書は手書きが基本ですが、絶対ではありません。中にはパソコンが許される場合や、パソコンでなければならないこともあります。それには次のようなケースがあります。まずは指定がある場合です。就活をしていると様々な企業と出会うことになりますが、中には一風変わった文化を持った企業もあります。特にIT系ベンチャー企業に多い傾向がありますが、パソコンで履歴書を作成してください、という指定がある場合はそれに従いましょう。また、就活エージェントなど、何らかの就活サービスを利用した場合にパソコンでの作成が求められることがあります。この場合には、就活サービスを利用して採用活動をする企業側としてもパソコンで履歴書が作成されることを承知しているため、特に心配する必要はありません。

基本的には手で書こう 1706_1_59(3)

履歴書の作成はパソコンではなく手書きが基本です。パソコンでの作成で評価が下がることはあっても、手書きで評価が下がることはありません。指定がある場合は例外ですが、それ以外の場合は基本的には手で書くようにしましょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る