履歴書に印鑑は押す必要がある?就活の疑問にお答えします

1706_1_58(1)

就職活動ではたくさんの履歴書を作成することになります。ただ、市販されている履歴書はそれぞれ書式が異なり、印鑑を押す箇所のある履歴書もあればそうでないものもあります。そのため、押印欄のない履歴書を作成するときも、印鑑を押した方が良いのかと迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。履歴書は企業に提出する重要な書類であるため、押印欄がなくても印鑑を押すべきだと思いがちです。しかし、実際のところ、履歴書に印鑑を押す欄がなければ、押印する必要はないということを覚えておきましょう。

押印は必要ない?印鑑の意味を理解しておこう

基本的に押印欄のない履歴書には、わざわざ印鑑を押す必要はありません。印鑑は、それが正式な書類であることを証明するものです。もちろん、履歴書も企業に提出する正式な書類ですが、実は1997年に押印見直しガイドラインというものが作成され、そこで印鑑を押すべきかどうかについての定義が正式に発表されました。そのガイドラインによれば、押印を求める必然性のない書類に関しては、押印を求めず記名のみでも問題ないということになっています。現状、流通している多くの履歴書はこのガイドラインに則って作成されているため、押印欄のない履歴書であるならばわざわざ印鑑を押す必要はないと考えられるのです。

印鑑を押さなければならない履歴書もある

1706_1_58(2)

履歴書は基本的に印鑑を押す必要のない書類ですが、一方ですべての履歴書で印鑑を押さなくてよいわけではありません。たとえば、会社から支給された履歴書に、もし印鑑を押すための欄があるなら、そこにはしっかりと押印をするべきです。会社が用意した履歴書に押印欄があるということは、会社側が押印を要求していることを意味しています。そこで押印をしないまま提出してしまうと、未完成の履歴書を出してしまったことになりますから、きちんと印鑑を押して提出するようにしましょう。また、一般に流通している履歴書の中にも、押印欄のあるものが存在します。押印欄のある履歴書に印鑑が押されていないと、判を押し忘れたと会社側に判断されてしまうこともあるため、その場合もしっかり印鑑を押してから提出するようにしましょう。

印鑑の種類にも気をつけて!正しい印鑑選びについて

就活では、印鑑を押す機会も多くなるでしょう。就活中はどうしても時間が限られてくるため、使用する印鑑も手軽に購入できるシャチハタなどを選びがちです。しかし、履歴書などの正式な書類に印鑑を押す場合、シャチハタはできれば避けるようにしてください。なぜかというと、シャチハタはインクで判を押しているからです。インクは朱肉と違って時間が経つと劣化して色落ちしてしまいます。また、インクが滲んで見栄えが悪くなってしまうことも珍しくありません。ですから、シャチハタは履歴書のような正式な書類には使用しないようにします。履歴書に判を押す際は、朱肉で押印するタイプの印鑑で押すように心がけましょう。

印鑑の押し方は丁寧に!綺麗に押印しよう

履歴書に印鑑を押すときは、できるだけまっすぐ、綺麗に押印するというのが基本です。もちろん、多少であれば印鑑の向きがずれてしまったり、少し薄くなってしまったりしても問題はありません。そのため、押印が薄くなってしまったからといって、二度押しするようなことはやめましょう。かえって見栄えが悪くなってしまうことがあります。履歴書に印鑑を押す際は、下に柔らかめのパッドをしいて、真上からまっすぐ押すようにすると綺麗に押印することができます。朱肉をつけ過ぎると滲んでしまうことがあるので、朱肉をつけるときはトントンと軽く叩くようにしてみてください。印鑑はそれと確認できれば問題ありませんが、綺麗に押印することができれば見た目も良くなるので、押すときは丁寧さを心がけてみましょう。

印鑑はいつも持ち歩いておくといざというときに便利 1706_1_58(3)

就活ではさまざまな機会で印鑑を求められます。履歴書では印鑑は必要なくても、面接で印鑑が要求されるようなこともあります。そのため、いつでもしっかり対応できるように、印鑑は常に準備しておくと安心です。会社で履歴書を書く機会もあるので、そういうときも焦らずに済むよう、ぬかりなく印鑑の準備をしておきましょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る