就活の履歴書に記入すべきメールアドレスとは

1706_1_54(1)

就活で提出する履歴書には、多くの場合、メールアドレスの記入欄が設けられています。このメールアドレスにおいてよくある悩みが、フリーメールや携帯のメールアドレスでもいいのか、というものです。実際のところどうなのでしょうか。結論からいうと、大学で配布されるメールアドレスを使うのが無難です。それではなぜ大学のものが良いのでしょうか。また、履歴書に記入するメールアドレスにはどのようなマナーがあるのでしょうか。これらの疑問について解説します。

そもそもなぜメールアドレスが必要なのか

一般的な履歴書にはメールアドレスの記入欄が設けられていますが、そもそもなぜメールアドレスが必要になるのでしょうか。一言でいうならば、就活生と企業のやり取りに必要となるからです。最近では就活サイトが発達しているため、就活サイトを経由して企業とのやり取りが行われることも多いのですが、それでも重要な連絡にはメールを使うことが多いですし、場合によっては就活サイトを利用していない企業もあります。もしかすると、連絡ならば電話でいいのではないか、と考える人がいるかもしれません。それは全くその通りなのですが、実際には電話のみでやり取りをするのは不便なことも多く、文章としてやり取りを保存できる点や資料などのファイルを添付できるなど、メールならではのメリットも数多くあります。以上のことからメールアドレスが必要になります。

大学のメールアドレスが無難

1706_1_54(2)

それでは記入すべきメールアドレスはどのようなものがよいのでしょうか。これは冒頭にも書いたように大学のメールアドレスが無難です。その理由にはいくつかありますが、代表的な理由としては、パソコンのメールであること、迷惑メールに振分けられる可能性が低いことの2点が挙げられます。仕事でメールをするときは一般的にパソコンのメールを使うことが多いので、まずはそれに合わせる必要があります。特に、添付ファイルがある場合は携帯では表示できないことがあるのでそれを回避する意味合いもあります。またフリーメールや携帯のメールアドレスは迷惑メールに振り分けられる可能性が非常に高いです。大学のメールアドレスは大学が所有する独自のものであり、迷惑メールに振り分けられることがほとんどありません。こちらのメッセージを企業に確実に伝えるためにも、大学のメールアドレスが無難だといえます。

フリーメールはダメなのか

それではGmailやYahoo!メールのようなフリーメールは使用してはいけないのでしょうか。これは一概にはいうことができないのですが、できることならば避けた方が良いでしょう。というのは、フリーメールから連絡をするのは失礼である、という考えを持つ人がいるからです。失礼に当たる根拠としては、フリーメールはセキュリティ上の問題がある可能性があるため仕事に相応しくないというものや、迷惑メールに振り分けられてしまうなどがあります。しかし全く気にしないという人がいることも事実であり、フリーメールが必ずしもダメであるわけではない、という曖昧さがあるのが実情です。そのため、大学のメールアドレスを持っているのであればそれを使用し、ない場合はフリーメールで対応しても良いでしょう。

携帯のメールアドレスは相応しくない

携帯のメールアドレスに関しては就活の履歴書には記入しない方が良いでしょう。なぜなら携帯からのメールは企業に届かないことが多いからです。必ずしも届かないわけではないのですが、多くの場合、携帯からのメールは迷惑メールに振り分けられてしまいます。場合によっては携帯からのメールを受信拒否にしている企業もあるほどです。企業と連絡が取れないのであれば話にならないので携帯のメールアドレスはやめておきましょう。携帯のメールアドレスしか持っていない場合は、フリーメールでもいいのでパソコン用のメールアドレスを用意するのがおすすめです。

メールアドレスは大切

1706_1_54(3)

メールアドレスは何気ないものに感じられるかもしれませんが、企業との連絡に欠かすことのできない重要な情報です。メールアドレスくらい大丈夫だろう、と安易に考えてしまうのではなく、よく考えて履歴書に記入することが大切です。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る