就活で提出する履歴書でA4サイズが好まれる理由

1706_1_52(1)

就活と履歴書の提出はセットで考えるべきものですが、実際に履歴書を書こうとすればサイズ選びに悩んでしまうものです。もちろん、選考を突破するために履歴書を送るわけですから、きちんとポイントを踏まえておく必要があります。ここではA4サイズの履歴書に注目し、履歴書の効果を最大限に活かす方法を見ていきましょう。他のライバルに差をつける履歴書を書いて、就活での選考を有利に突破していく一歩を踏み出してみてください。

履歴書のサイズは2種類あっても、A4サイズが一般的

履歴書のサイズは大まかに分けて、A4サイズのものとB5サイズのものに分けられます。応募する企業側から特に指定がない場合には、「A4サイズ」の履歴書を選ぶようにしましょう。B5サイズのものでは駄目ということはありませんが、履歴書の他に提出する書類はA4サイズのものであることがほとんどです。採用担当者の立場から考えても、その年の採用者が決まるまではすべての書類を保管しなければならず、できるだけサイズが統一されたものが好まれます。つまり、特に理由がない場合にはA4サイズの履歴書を選んだほうが、何かと無難だということです。A4サイズのものはコンビニなどでも気軽に手に入りやすいので、書き損じをしてしまってもすぐに買い直すことができます。

他の提出書類とサイズをそろえやすい

1706_1_52(2)

履歴書のサイズをA4のものにしておくと、提出するときにも何かと重宝します。履歴書とは別に他の書類を出すときには、サイズをそろえやすいといえるでしょう。履歴書は二つ折りにしてしまってはいけないので、長封筒ではなく「角形A4」か「角2号」の封筒を選んで、A4サイズの書類がピッタリと入るようにしましょう。B5サイズの履歴書だと証明写真のサイズが違う場合もあるため、直前になって慌ててしまうこともあります。A4サイズの履歴書であれば、どれも写真のサイズは同じですのでそうしたことも防げるでしょう。履歴書を出す段階であせってしまわないためにも、A4サイズのものを選ぶことをおすすめします。

パソコンで印刷するときの注意点

パソコンで履歴書を作成すると、後から内容を変更することも簡単ですし、履歴書も好きなサイズで印刷することが可能です。ただ、A4サイズに完成したものを作成するには実際には「A3」の用紙で印刷をする必要があります。A3用紙で印刷をして二つ折りにすることによって、A4サイズの履歴書を作ることができます。家庭用のプリンターではA4までしか印刷できないものも多いので、そういったときには印刷サービスを行っている会社に依頼したり、コンビニのマルチプリンターを利用したりしましょう。就活を行っているときには何かと時間が足りなくなってしまうものですから、事前にパソコンで印刷をするときの注意点を踏まえておくことが大切です。

A4サイズの履歴書で書くときには余白を作らない

履歴書には志望動機や自己PR、取得資格などを記入する欄がありますが、購入する前にある程度それぞれの項目について目星をつけておく必要があります。というのも、後になって「書くことが見つからない」となってしまい余白を作ってしまう恐れがあるからです。空白が目立ってしまう履歴書を送ってしまっては、印象を下げてしまうことにもなるでしょう。逆に書きたいことが多いからといって、記入枠を無視して書いてしまうのも良くありません。自信がある項目については広めの書式になっているものをあらかじめ選ぶように心がけてみてください。そうすることでスムーズに履歴書を書くことができるでしょう。

履歴書は自分の「分身」だと考える

1706_1_52(3)

採用担当者は就活生から送られてくる履歴書によって、その人物像をある程度判断します。きちんとポイントを踏まえて書かれた履歴書は、採用担当者の印象も良くしていくものです。履歴書は自分の分身だと考えて、就活ではしっかりとしたものを提出することを心がけてください。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る