就活生が押さえておきたい履歴書の種類

1706_1_48(1)

応募する企業に対して、履歴書などの書類を提出することは就活ではよく見られる風景です。しかし、実際に提出するとなると細かな部分をどうすればいいのか迷ってしまうこともあります。何かと忙しい就活の時期にミスなく履歴書を書くには、しっかりとポイントを押さえておくことが大切です。きちんとした履歴書を提出できれば、その後の採用活動もスムーズに運んでいきます。履歴書を書くときに注意したい点について詳しく見ていきましょう。

履歴書には2種類のサイズがある

いざ履歴書を作成しようと思っても、どのサイズのものを選べばいいのか迷ってしまうものです。就活で使用する履歴書には大きく分けてA4サイズのものとB5サイズのものがあります。応募先の企業から特に指定されていないかぎり、基本的にどちらのサイズの履歴書を使用しても問題ありません。ただ、履歴書の他に提出する書類がある場合には統一感を出すために、A4サイズのものを選ぶといいでしょう。コンビニなどで売られているものもA4サイズのものが多いので、すぐに手に入りやすいはずです。B5サイズのものは証明写真のサイズがA4とは異なるものもあるため、提出直前になって慌ててしまわないためにも、A4サイズのものを選ぶのが無難だといえます。

手書きかパソコンか……どちらを選ぶべき?

1706_1_48(2)

履歴書には「手書き」で書かれたものと、「パソコン」で入力されたものの2種類があります。どちらのほうが優れているというよりも、自分に合った方法で作成していくのがいいでしょう。文字に自信がある場合には手書きで書いてみましょう。応募に対する熱意も伝わりやすくなります。また書き損じを避けたいと考えるなら、パソコンでの入力を試してみましょう。後から内容を変更するのも簡単なことがメリットです。パソコンで作成した履歴書を印刷するときには「A3」の用紙で印刷し、二つ折りにすればA4の履歴書が完成します。応募する企業が多い場合には、手書きでは時間がかかってしまうため、パソコンで作成することもおすすめです。

記入欄が多いものと少ないもの……何を基準に選べばいい?

履歴書の種類によって、志望動機や自己PR・取得資格などの欄の大きさに違いがあります。たとえば多くの資格を取得している人なら資格欄が広めのものを選ぶといった形で、自分に合ったものを選択しましょう。アピールする部分であまり自信が無いものは欄が狭めのものを選ぶことを意識してみてください。逆に自信がある部分は欄が広めのものを選ぶといいでしょう。履歴書は見た目も大切です。空白が多いものを提出してしまうと、採用担当者の目からみれば意欲を疑われてしまいます。また欄をはみ出して文章を書いてしまってもいけません。あらかじめ書きたい内容を整理して、自分に合った履歴書を選択することが大切です。

きちんと押さえておきたい!提出する封筒の種類

履歴書を提出するときに気になってしまうのが封筒の種類です。履歴書と違ってさまざまな種類があるため迷ってしまいがちです。履歴書を提出するときは折り曲げ厳禁なので、長封筒を使用してはいけません。A4サイズの履歴書がすっぽりと入る「角型A4」もしくは「角2号」の封筒を選びましょう。提出する履歴書がB5サイズのものであっても、封筒はA4サイズのものを選ぶのが無難です。履歴書の他にも提出する書類があれば、それらはA4である場合が多いからです。また、封筒の宛名の部分は応募先の企業の正式名称を書き、「御中」と記しましょう。切手の貼り忘れなどで未着とならないように、追跡記録のある郵便で出すようにします。

落ち着いて履歴書に向かえば大丈夫! 1706_1_48(3)

就活において履歴書を書くときには、面接まで進むことを前提に作成していきましょう。サイズの種類や記入の方法など、自分に合ったものを選択してみてください。きちんと準備を整えておけば、就活をスムーズに進めることができるはずです。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る