意外と知られていない?就活で受かるための履歴書の書き方

1706_1_41(1)

ほとんどの企業が新入社員の採用過程において、履歴書の提出を求めています。しかし、それだけ一般的に書かれている履歴書でも、きちんと体裁が整っているものはごく少数だといえるでしょう。逆を言えば、当たり前のことを当たり前に実践するだけで、採用担当者の目に留まる履歴書ができるのです。就活生は履歴書を書く前に履歴書のルールを確認しておきましょう。ここではすぐに取り入れられる履歴書の常識について、簡単にまとめました。

第一に読みやすさを心がけよう

就活生にとって、履歴書の作成は骨が折れる作業です。複数の企業に応募する際には、それだけ多くの履歴書を書く必要があり、面倒臭く感じることも多いでしょう。すると、履歴書を書く字も雑になってしまいがちです。また、内容もおざなりになってしまうこともあります。 しかし、履歴書で第一に注意したいのは「読みやすさ」です。汚い字や適当な内容は、一目見ただけで中身を確認してもらえない恐れすらあります。履歴書に慣れてきた時期ほど、丁寧できれいな字を書くように心がけましょう。 また、近年ではパソコンで履歴書を作成する人もいますが、細めのボールペンで手書きしたほうが、志望者の人間性を企業に伝えやすいのでおすすめです。

見逃しがちな履歴書の項目とは?

1706_1_41(2)

履歴書は書類として整備されていることが重要です。履歴書に記載されている項目は全て埋めるのが常識的なマナーだといえるでしょう。 そんな中、就活生が見逃してしまいがちな項目があります。たとえば印鑑です。履歴書のタイプによっては名前の隣に印鑑を求められることがあります。あるいは、印鑑の欄を見つけても勝手に「必要ない」と判断してしまう人もいるでしょう。しかし、履歴書に記載されているからには、飛ばさずに印鑑を押すようにしましょう。 日付欄やフリガナなどもつい空欄になりやすい項目です。履歴書を書いた後、文章を推敲するのも大切ですが、まずは全体に目をこらして埋まっていない項目がないかを確認しましょう。

志望動機と自己PRが重要な理由

履歴書の中でも特に重要性が高いといわれているのが「志望動機」と「自己PR」です。自己PRは「あなたの長所と短所」という項目になっている履歴書も存在します。 「志望動機」は志望者の熱意を感じとるために必要な項目です。他の企業でも当てはまる内容ではなく、「どうしてこの会社でなくてはいけないのか」を意識して書くと企業の印象に残りやすくなります。また、給料や休日の多さよりも、仕事内容や経営理念について書くようにしましょう。 「自己PR」は志望者の性格が企業とマッチしているかを確認される項目です。また、志望者が自己分析を正確に行っていて、自分の適性を把握しているかもチェックされています。単なる自己紹介ではなく、企業に貢献できるPRをするといいでしょう。

学歴や職歴を書くときの注意点

学歴や職歴の欄は履歴書の定番ですが、正確に記入できていない人が少なくありません。まず注意したいのが年号の表記です。「平成」や「昭和」で書いても、西暦で書いてもいいのですが、問題になるのは統一感がないことです。西暦なら西暦で一貫して書くようにしましょう。また、漢数字にするか英数字にするかも統一したいポイントです。学歴欄だけでなく、他の項目との整合性も意識しましょう。 職歴とは基本的に転職者向けの項目であり、新卒やフリーターの就活生は記入しません。アルバイト経験は職歴に含まれないからです。もしもアルバイト経験でPRしたいことがあるなら、自己PRや志望動機の欄で具体的なエピソードと共に書くことをおすすめします。

履歴書は企業の目線を考える 1706_1_41(3)

履歴書を書くときは「企業の目線」を意識しましょう。志望先がこの履歴書を読んでどんなことを思うかを想像すれば、精度は高まります。企業にとって魅力的な人材だと思われる履歴書になりますし、読みやすさも行き届くでしょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る