説明会では鞄にも気を抜くな!ベストな鞄とは一体どんなもの?

ビジネスシーン

就活時には、髪型や服装には気を使うという人は多いことでしょう。しかし、案外鞄にはそれほど関心がないという人も多いのではないでしょうか。鞄はトータルコーディネートを決めるという役割を果たすとともに、企業から配られた資料を家に持ち帰るという重要な役目も担っています。そのため、鞄にはデザインとともに機能性も重視したものを選ぶ必要があります。それでは早速、説明会の鞄にはどのようなものが良いのかを見ていきましょう。

説明会の鞄は基本的に面接時と同じ

多くの就活生は、説明会で使用する鞄と面接時に持っていく鞄を別々に分けることはしていません。このことから、説明会の段階で面接でも持っていけるような鞄を選ぶことが大切だとわかります。就活で使われる鞄の素材は革や合皮のものでも良いですが、水にも強いポリエステルやナイロンなどの化学繊維のものも一般的に広く愛用されています。色は基本的に黒で無地のものが好まれますが、黒をベースにしていればストライプなど多少柄が入っていても、特に女性の鞄では問題ありません。手提げや肩にかけられるデザインのものを選び、リュックサックは避けましょう。また、一見してブランドものだとわかるような鞄も選ばないようにしてください。

どのような鞄が説明会には向いている?

1706_1_33(2)

説明会では面接同様、鞄を床に置くことがあります。企業から説明を受けたり質問したりするときに椅子に座ることがありますが、その際に鞄は膝や隣の椅子の上ではなく、床の上に置きます。鞄選びで重要なのは、床に鞄を置いたときに鞄が自立するかどうかということです。よくないケースは鞄がきちんと立たずに、倒れたりつぶれたりすることです。見た目にも美しくありませんし、企業から渡された書類も鞄の中でくしゃくしゃになってしまう恐れがあります。自立するためには底は平らでマチが広く、板などの固いものが底に入っていることが望ましいです。案外見逃されがちなことですがとても大切なことなので、鞄選びの際は自立するかどうかをまず確認してください。

鞄選びにはサイズも重要!

説明会に持っていく鞄は、A4サイズの書類が余裕で入る大きさのものが適しています。企業から配られる書類の多くはA4サイズであり、それ以下の大きさの鞄では書類を折る必要が出てきます。目の前で渡した書類を折られるのは企業としても良い気分はしないため、書類を折る必要のないサイズの鞄を選ぶことは重要です。また、複数の企業が開催する合同説明会などでは、受け取る書類の数は多くなってくることでしょう。鞄の中は何層かに仕切られているものの方が便利です。整理しやすく取り出しやすいため、企業側にスマートな人だという印象を与えることができます。内ポケットなど小さなものを整理しておける機能も付いていれば、さらに使いやすいと感じられます。

説明会に最適な鞄はどこで売ってる?

就活に使い勝手が良い鞄は、一般的な鞄屋ではなかなか見つけられないかもしれません。もっとも見つけやすい場所は、リクルートスーツが売られている売り場です。スーツを買うのと同時に鞄も購入することができます。また、鞄はインターネットの通信販売でも購入することができます。実際に鞄を見ることができないので購入に不安を感じるという人もいるかもしれませんが、デザインとサイズ、自立するかどうかなどの機能が明記されていれば、購入後それほど後悔することはないでしょう。企業側もそれほどこだわりを持って鞄を観察する可能性は低いと考えられるので、一般的に安価に購入できるインターネットの通信販売の方がお得に感じられます。

ポイントをおさえて最適な鞄選びを 1706_1_33(3)

就活の説明会で使用する鞄には見た目のデザインだけではなく、機能性を重視することも大切です。鞄ひとつで重要な書類を傷つけてしまうこともあるため、機能性に優れた鞄を積極的に選ぶようにしましょう。就活では小さなことにもしっかりと気を配ることが大切となります。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る