SEのインターンシップに採用されるために……志望動機は工夫しよう

Mind deadlines. Man tapping on keyboard of computer while programming and using headset

SE(システムエンジニア)の仕事は就活生の知識や技術を活かせる内容として、注目を集めています。企業の空気感を実際に味わいながらスキルを磨き、人脈を形成する方法としてインターンシップがあります。SEを目指す人の中にもインターンシップに応募している人は少なくないでしょう。しかし、人気企業であれば採用担当者の印象に残るような志望動機を考えてライバルに差をつけることが大切です。ここでは、SEのインターンシップにおける志望動機について考えていきます。

SEの仕事内容を理解しているか再確認

SEの志望動機では、仕事内容への理解を示すことをおすすめします。深く仕事内容を把握している就活生からは熱意が感じられますし、企業の戦力になってくれる可能性も高いと思われるでしょう。 注意したいのは、SEと同じくコンピュータを使う仕事であるプログラマーとの混同です。一般的にSEはシステムを作る人、プログラマーはプログラムを組む人として区別されているので、取り違えないようにしましょう。 また、SEの役割は企業によって細かく違いがあります。自社のシステムを構築するSEもいれば、他社から依頼されてシステムを設計するSEもいます。企業研究を怠らずにSEの役割を踏まえて志望動機を書くことが、採用担当者の心を動かすコツです。

「どうしてこの企業なのか」を明確にする

1706_1_19(2)

SEのインターンシップの志望動機として多く見られるのが「自分の能力を試したい」、「コンピュータを使った仕事がしたい」というものです。確かに悪い動機ではありませんが、採用担当者からすれば「IT関係の他社でもいいのではないか」と勘ぐってしまう可能性があります。そのため、もう一歩踏み込んで「他社ではなく、この会社でどうしても働きたい理由」を考えるようにしましょう。 利用しやすいポイントが企業の掲げる理念やビジョンです。ホームページを覗けば容易にチェックすることができますし、他社にはない企業の思いを知ることができます。理念やビジョンに共感したという志望動機であれば、「この会社に入りたいのだな」と思ってもらえる確率が高まります。

インターンシップでも会社の戦力になる気持ちを見せる

インターンシップとは研修期間であり、採用後も「研修生」という名目で扱われます。多くのケースでは給料も正社員より安くなりますし、大きな責任を任せられることもほとんどありません。 しかし、だからといって仕事を甘く見てしまうと、採用担当者から見抜かれてしまいます。どうせ採用するなら、企業はやる気があって、将来的に正社員として雇ってもいいくらいの人材を優先するでしょう。インターンシップに応募する際も、正社員への応募と変わらないくらいの情熱を示すようにしましょう。 そのためには「貢献度」をPRすることが大切です。自分の積み重ねた経験やスキルが、どのように会社に貢献できるかを理論的に志望動機で伝えるようにしましょう。

担当者の心に残るエピソードを盛り込む

SEのインターンシップに応募する就活生の多くが、パソコンのスキルをPRすると考えられます。それは当然として、しかし、全ての応募者が採用担当者の記憶に残るわけではありません。むしろ、似たような志望動機やPRが続いてしまい、埋もれる応募者も少なくないのです。 そこで、個性的な志望動機を用意し、採用担当者の心を奪うことを意識しましょう。自分だけの特別なエピソードがあれば、ライバルの中から抜け出すことも可能です。パソコンに興味を持ったきっかけや、パソコンを勉強して役立ったことなどをなるべく具体的にまとめておきましょう。エピソードが個性的だと志望動機にも説得力が生まれますし、厳しい審査を通過する決定打になることもありえます。

企業受けする志望動機を用意する 1706_1_19(3)

企業によって受けのいい志望動機やエピソードは異なります。SEのインターンシップ向きの志望動機を深く探るにはジョブコミットなどの就活応援サイトがおすすめです。履歴書や面接に不安がある人は特に有益な情報を得られるでしょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る