就活に苦しむ人と、就活を楽しむ人の共通点

photo32-1

就活って実際のところ大変なの?

就活を始めると、友人・先輩・先生・ネット上の記事などから、就活に関するたくさんの情報が流れてきます。
多くの場合、「就活は大変」といった内容のものを見たり聞いたりすると思いますが、実際のところ就活を楽しんでいる就活生もたくさんいます。

様々な就活生と対面していると、就活に苦しむ人と、就活を楽しむ人にはそれぞれ共通点があることに気づきます。
そして、就活を楽しむ側の人は、ほとんどの場合第一志望の企業から内定を獲得するか、複数企業からの内定を獲得し、早々に就活を終わらせているのです。

今回は、就活に苦しむ人と、就活を楽しむ人それぞれの共通点について解説していきます。

就活に苦しむ人の共通点

,,
・主張に一貫性がない
⇒就活で苦しむ人に、もっとも顕著に見られる傾向として、主張に一貫性がないことがあげられます。やりたいことや、興味のある分野がハッキリと定まらないまま就活をしているため、自分のやりたいことを受験企業ごとに合わせてしまうのです。
このような人は、エントリーシートに書く内容も毎回1から考えるため、使いまわすことができず大変非効率になってしまいます。
また、企業側も、自己主張がきちんとできない人は採用を見送るケースが多く、結果として内定が出ない状況がうまれます。

・周囲に頼りすぎる
⇒キャリアセンター、就活本、内定者の情報など、周囲から得た情報を鵜呑みにしてしまい、
自分の中で整理できていない人も就活で苦しむ傾向にあります。
周囲からのアドバイスは、ある程度参考にしながらも、情報を必要な内容と不必要な内容に整理して、自分に最適な方法を考える必要があるでしょう。

就活を楽しむ人の共通点

Jubelnder Geschftsmann
・入社後のイメージをはっきりと持っている
⇒就活を楽しむ人は、入社後どんなことをしたいか?または、入社後どのようになりたいか?というイメージをはっきりと持っています。自分が叶えたい目標から逆算して、業界や企業選びをしているので、時間を無駄にすることなく就活に取り組むことができるのです。
採用側としても、就活生の現時点での人柄や能力を見ることはもちろんですが、成長の可能性についても評価ポイントとして重要視しているので、内定の確率が高まってきます。

・自分のウリをわかっている
⇒就活で内定を獲得するためには、自分がその企業で活躍できる人材であることを、採用担当へ売り込む必要があります。その際に、自分のウリ≒アピールポイントをきちんと理解して、積極的に伝えていける人は就活でも目立つ存在になります。
そこに内定や選考通過などの結果がともなってくると、どんどん自信がでてきて、ゲーム感覚で選考過程を楽しむことができるのです。

是非、参考にしてみてください!

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る