広告業界のインターンシップに受かるためには?志望動機の考え方!

1706_1_6(1)

広告業界に限らず、インターンシップに参加することで就活を有利に進めていけます。実際に社員と一緒になって業務に参加できるものもあり、自分を会社に売り込む最高の場面でもあります。できることなら、希望の企業が開催しているインターンシップに参加して、そのまま内定にたどりつきたいものでしょう。 そこで、広告業界に受け入れられやすい、インターンシップの志望動機について考え方や例文をまとめました。広告業界の本質を捉えることで、より魅力的な志望動機を作れるように勉強していきましょう。

広告業界の仕事内容とは?

広告代理店と聞くと、収入が高い、オシャレ、やりがいがあるなどポジティブなイメージを持たれている方が多いようです。一方、仕事が忙しいという意見も聞かれます。さまざまな見方がある広告業界ですが、どのような仕事内容なのでしょうか。 広告代理店の主な仕事内容には営業、コピーライター、アートディレクター、クリエイティブディレクター、webプランナーが挙げられます。営業は、広告を利用したいと考えているクライアントにサービスを提案して、企業と広告代理店を結びつける役割を果たしています。コピーライターは、クライアントの要望に合わせて広告のキャッチコピーなどを考えていきます。アートディレクターは、広告の製作全体の舵を取る役割があります。クリエイターやデザイナーと情報を共有したり、アイデアを提案したりすることもあります。クリエイティブディレクターはその上位互換で、案件の企画から納品まで一連の流れを管理します。ネット広告が盛んに行われるようになってからは、webプランナーも注目を集めています。

広告業界のインターンシップ!何をするの?

1706_1_6(2)

広告業界で働くためには、クライアントの提示する問題を解決に導くための論理的思考力はもちろん、顧客の心理をつかむ魅力的なフレーズやデザインを創り出していくクリエイティブな発想力、表現力が求められます。そのような特徴のある広告代理店のインターンシップは、ユニークなものもあるようです。 短期型のものであれば、合宿形式でグループワークを行い、ある課題について問題解決していくプロセスを共有しあうというものがあります。世の中に自分たちの創り上げたものを響かせていくために、アイデアを詰めていくという経験が必要なのでしょう。 長期型のインターンシップでは、営業、マーケティング、企画などの業務を経験することが多いです。いきなり1人でクライアントと関わるようなことはありませんが、社員と一緒になってアポ取り、顧客や売り上げ状況の把握・管理などを行います。営業に同行することもあります。社会人としてのマナーはもちろん、広告代理店における業務の流れやマーケティングの基礎を学ぶことができます。

広告業界に受け入れられる志望動機の考え方!

広告代理店など、広告業界のインターンシップでは前述したような論理的思考力や個性的な表現力・発想力が求められます。そのような特徴があるため、通り一遍の無難な志望動機では受け入れられにくい傾向があるようです。 志望動機を考える際重要になるのは、いかにして自分を売り込むかという点です。広告や宣伝で必要なのは、クライアントが何を求めているのかを把握し、それを広く世の中に受け入れられるカタチに仕上げていくことです。いわば、世間に自分たちを売り込むという作業になります。志望動機で、すでに世間に対して自分を売り込む力があるのかどうかを評価されています。会社に自分を売り込めない人が、クライアントや世の中にアピールするのは難しいと考えるのでしょう。 志望動機は、自分を会社に宣伝するという行為です。会社が自分に求めていることを理解し、そこからさらに1手、面接官の気を惹きつけるような個性的な表現を交えて自己アピールのツールにするとよいでしょう。

インターンシップに役立つ志望動機例文!

広告業界のインターンシップは非常に魅力的なものであるといえます。広告代理店などを希望している方はもちろん、そうでない方でも役に立つ経験ができるのではないでしょうか。 しかし、誰でもインターンシップに参加できるわけではありません。広告業界で選ばれる人材になるためには、論理的かつ個性的な志望動機を使って自分を売り込んでいくことが重要になります。そこで、以下に広告代理店に受け入れられやすいであろう志望動機例文を記します。 私は、言葉で世間を動かす広告の力に非常に魅力を感じています。学生時代の文化祭において、商店街の催しを行いましたが、どのような人がどのようなモノを欲しがっているかを把握し、その人達を惹きつけるために練りに練った自分たちのキャッチフレーズで大成功をおさめました。自分たちの創り出したものが受け入れられる喜びを知り、言葉の力も実感しました。その体験がきっかけとなり広告に興味を持ち始め、以来貴社のクリエイティブな宣伝広告を研究してきました。世間を動かしうるより魅力的な言葉を創り出すべく、貴社で日々業務に励んでいきたいと考えています。

就活に向けての準備……普段の生活から見直しを!

Business meeting planning business investment. Concept Teamwork

広告業界で認められるためには、クライアントの要望を正確に把握して、魅力的なカタチで世間に情報を送り出していく力が必要です。そのためには、さまざまな実感をともなう経験が重要です。世間が必要としているものは何か、顧客が求めているものは何か。常に周りにアンテナを張って、自分の言葉を磨く習慣をつけておきましょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る