インターンシップに受かるには?「経験」から志望動機をアピールしよう

1706_1_3(1)

実務を通して企業で成長できるインターンシップは、社会人としての能力を磨けるだけでなく就職にも有利になるメリットがあります。人気企業のインターンシップになると応募が殺到し、面接にまで辿り着くのも一苦労です。 ライバルたちよりも目立って企業の目に留まるためには、志望動機を工夫することがおすすめです。自分にしかない経験を志望動機に盛り込むことができれば、強いインパクトを残せるでしょう。ここでは、インターンシップに受かる志望動機について解説します。

どうして企業は志望動機を気にするのか

多くの企業が採用面接や履歴書において、就活生の「志望動機」を重要視します。なぜなら、志望動機によって就活生の熱意を知ることができるからです。 大手企業になれば「給料の良さ」や「安定性」を求めて志望してくる就活生も大勢います。それ自体が悪いことではありませんが、労働条件を第一条件にしてしまうと「もしも経営が苦しくなったら他の企業に流れてしまうのではないか」と面接官に思われてしまいます。仕事内容や経営理念に共感を覚え、やりがいを持って入社してくる人材を企業は求めています。そのために、チェックポイントとなるのが志望動機です。志望動機の内容が濃く、オリジナリティーがある就活生は面接官から高く評価されるでしょう。

企業にとって魅力的な経験を思い起こす

1706_1_3(2)

インターンシップの応募者が多くなった場合、企業は熱意を持った人材や、企業との適性が高い人材を優先的に採用します。そこで、志望動機を考える際には企業にとって魅力的な内容にすることが大切です。 たとえば、一方的に「どうしても働きたい」と伝えるだけでは根拠に乏しく、説得力が生まれません。しかし、経験したエピソードを元にして志望動機を書くと、企業から熱意を認めてもらいやすくなります。 営業を目指す人は、営業に活かせる経験が何かを思い起こしましょう。製造業であればものづくりの経験、IT系であればコンピュータに親しんだ経験などが、強い志望動機となりえます。企業の目線を意識しつつ志望動機を用意するようにしましょう。

経験したエピソードは具体的かつ面白く

インターンシップでは、誰かと少ない枠を争っていることを忘れないようにしましょう。履歴書や面接では、面接官の記憶に強く刻まれることが重要です。奇をてらった答えを用意する必要はありませんが、伝え方には工夫をこらして個性を出したいところです。 経験から志望動機を考える場合、具体的なエピソードを用意してみましょう。たとえば、「広告の勉強をしていたので広告会社を志望しました」というだけではインパクトに欠けます。しかし、勉強した細かい内容や実技、自分が感じた広告の魅力などに話を広げていけば、面接官からも興味を持たれやすくなるでしょう。ただし、冗長な話にせず、まとまった「面白い」内容であることも高評価になるポイントです。

こんな志望動機はNG!企業に避けられる内容とは

企業にとって魅力的に見えない志望動機の傾向もいくつか存在します。たとえば、経験があまりにも仕事内容からかけ離れている場合です。海外留学や部活での全国大会進出などは、誰もが経験したことではないのでついアピールしたくなりがちです。しかし、企業の業務に貢献できるかどうかの判断は必要です。海外との取り引きがなければ語学力はあまり意味がありませんし、部活動の全てが会社で役に立つとは限らないからです。 また、あまりにも経験を誇りすぎて「上から目線」にならないよう注意しましょう。インターンシップでは謙虚に学ぶ姿勢が求められます。自我が強すぎる就活生は、面接段階で敬遠されてしまうリスクもあると肝に銘じておきましょう。

企業ごとに「受ける」志望動機を探る 1706_1_3(3)

「受ける」志望動機は業種や業界によって異なります。企業研究を徹底することで、より興味深い志望動機を考えられるようになります。悩んだときは就活応援サイト、ジョブコミットで企業情報を収集し、志望動機に活かすことをおすすめします。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る