研究所のインターンシップはどのような志望動機を書くべきか

1706_1_2(1)

研究職で働きたい場合、インターンシップで研究職を経験しておくと就職に有利になりますし、研究職のイメージを具体的なものにすることができます。インターンシップを経験するためには、書類や面接の対策をして選考に選ばれなければいけません。しかし、インターンシップのときは具体的な志望動機が決まっていないことも多く、どうすればいいのか戸惑ってしまうでしょう。志望動機の作成方法についてポイントを押さえつつ例文とともに確認してみましょう。

志望動機を決めるためのポイントとは

研究職に限らず、志望動機を決めるには押さえるべきポイントがあります。それは「何を学びたいか」です。この1点を中心として文章を構成することで、一貫した志望動機を作成することができるでしょう。何を学びたいかは、「企業が扱う研究分野に対する興味」や「研究職とはどういうものか知りたい」など大まかで大丈夫です。学びたいものが決まった後は、その企業を選ぶ理由を考えます。理由を考えるときは、企業や研究所の興味を持てるところを見つけましょう。その企業や研究所が行っている研究や企業理念など、研究分野以外でも興味があるところや共感を持てる部分を考えます。そして、その企業でなければいけない理由を考えて志望動機を作成します。「この企業だからこそインターンシップを受ける意味がある」と担当者に伝えることができれば、インターンシップの一員に選ばれる可能性を上げることができるでしょう。

具体的な志望動機を作成するために必要なこと

1706_1_2(2)

大まかに志望動機を決めるためにはポイントを押さえることで、ある程度作成することができますが、周りのインターンシップ希望者も同じような内容を記載してくるでしょう。インターンシップの志望動機をより具体的なものにするためには、企業研究や自己分析を行うことが大切になります。企業研究は、その会社をよく知ることで実際に興味がある企業かを見極めることもできます。また、企業や研究所のホームページや過去のインタビュー記事、活動履歴などを見ることによって、その企業の新たな一面を見つけることも可能です。自己分析では、具体的に「なぜ」自分が企業の「それ」に興味を持ったのかを伝えることができます。興味をもったきっかけなどを裏付ける話を事前にまとめておくことで、志望動機に具体性を交えて面接時に話すことができるでしょう。

志望動機を書くときに注意すべきポイント

志望動機を書くときは「具体性」、「論理性」、「個性」の3つが大切になります。相手に自分の主張を伝えるためには具体性を持たせる必要があります。「いつ」、「どこで」、「なにを」、「どうして」などを書くことで、より具体的な志望動機を書くことができるでしょう。また、いくら志望動機にやる気を記載しても、論理性がなければ伝わりにくい文章になってしまいます。具体的な文章と共に、それらの文章を関連付けして、「だからこそ御社のインターンシップを希望しました」ということをわかりやすく伝えなければいけません。志望動機を記載するときは、テンプレートを使う場合も多いでしょう。テンプレート通りに書いてしまうと、どうしてもオリジナリティが抜けてしまうと考えてしまいがちですが、しっかりと企業研究をして自己分析をした内容を志望動機に盛り込めれば個性的な志望動機を作ることができます。

志望動機の例文

研究職のインターンシップを希望する場合の志望動機は、自分が学んだ研究と関連付けるのが良いでしょう。以下に例文を記載します。

「私は大学時代に○○を選考しており、××の研究を行っていました。××の研究は今後その分野を飛躍的に改善すると考えられ、##のような社会貢献につながると考えています。貴社は××の研究に力を注いでおり、業界でも随一の実績を誇るため興味をもちインターンシップに志望しました。また、貴社が掲げる**という考え方にも共感したため、貴社で多くのことを学びたいです。自分が活かせるものを使い、インターンシップ中にお力になれたらと考えています。」

自分のことや企業の内容は、固有名詞などを使いながら具体性がある文章を書きましょう。注意するポイントを押さえつつ、自分が企業で学びたい熱意も伝えるようにすると、さらに良い文章になります。

相手に伝える志望動機を考えてインターンシップに臨もう 1706_1_2(3)

何もないところから志望動機を作成するのは手間がかかりますが、考えているよりも難しいものではありません。「自分にはなにも経験がない」と考えている人でも、自己分析をすることで企業と関連する内容を導き出すことができるでしょう。自分が行ってきた経験や企業の情報を集め、オリジナリティのある文章を書きましょう。
image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る