建設業界のインターンシップに応募する場合の志望動機の書き方

1706_1_1(1)

建設業界といってもさまざまな仕事がありますが、インターンシップ制度を採用している職種としては設計や営業などがあげられます。その業界への就職を目指す人は建設業界のインターンシップの参加を考えているかもしれません。インターンシップに参加することによって、職業体験ができるとともに、その会社の仕事場の雰囲気がわかるというメリットもあります。そういった体験をするためにはインターンシップに合格することが必要です。そこで、合格のためのカギとなる志望動機について、4つのポイントを紹介します。

志望動機を記載する前に企業研究をする

1706_1_1(2)

建設業界のインターンシップに応募する際の志望動機の書き方の1つ目のポイントは、企業研究です。インターンシップへの応募であっても、軽い気持ちで志望動機を書いていたのでは合格できる可能性は高くないでしょう。就職するつもりで志望動機を書くぐらいの真剣さが必要です。そのためにはまず応募する会社について十分調べることが重要になります。応募先の会社の建設業界における位置づけや事業範囲などをしっかり調べましょう。そうすることで、より具体的な志望動機を書くことにつなげられるはずです。ホームページなどで公表されていることはくまなく調べるぐらいの覚悟で調べることができれば、採用担当者の目に留まる志望動機を書く材料が見つかるでしょう。

将来のキャリアアップがイメージできる志望動機を記載する

建設業界のインターンシップに応募する際の志望動機の書き方のポイントの2つ目は、将来のキャリアアップがイメージできる志望動機を記載することです。インターンシップへの志望動機が収入を得ることや単なる職業体験をしたいということでも問題はありませんが、応募者全員が合格できないことを考えると、採用を決める担当者は、将来の仕事に役立つことをイメージして実践的な経験を早く積みたいと考えている人にインターンシップの機会を与えようと考えるのが普通でしょう。そのため、志望動機の中で将来をどのようにイメージしているかを盛り込んでアピールすることも大切です。将来のキャリアとリンクした志望動機を書くことを心がけてみましょう。

活かしたいスキルがあることを志望動機に記載する

建設業界のインターンシップに応募する場合の志望動機の書き方の3つ目のポイントは、活用したいスキルがあることを記載することです。インターンシップが職業体験である以上、参加したら実際の仕事をすることになります。そのため、建設業界で役立つスキルがあることをアピールした方が有利になる可能性が高いでしょう。例えば、建築関連法規に関する知識などがある証明となる資格を持っていることや設計などの知識があることを示すCADなどの経験を活かしたいということを志望動機の中に盛り込むのです。そうすることによって、インターンシップの合否を握る採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

採用時の選別基準も意識して志望動機を記載する

建設業界のインターンシップに応募する際の志望動機の書き方のポイントの4つ目は、採用時の選別基準も意識して志望動機を記載することです。インターンシップに合格することと求人応募に合格することは同じではありません。しかし、インターンシップの合否を判断する担当者は、採用時の担当者と同じであるケースも多いです。また、インターンシップの合否を判断する基準は、採用決定時の合否判断基準と同じである項目も多いといわれています。そのため、採用時の選別基準であるコミュニケーション能力の高さやリーダーシップ、そして建設業界ならでは基準である体力などを意識してさりげなく志望動機の中でアピールすると効果的です。

志望動機がまとまらないときはプロのアドバイスを活用する

1706_1_1(3)

建設業界のインターンシップに応募する際の志望動機の書き方について紹介しましたが、4つのポイントをおさえることで効果的な志望動機に仕上げることができるでしょう。それでもまとまらないという場合は、ジョブコミットのセミナーに参加するなどしてプロのアドバイスを聞くことをおすすめします。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る