自己PRが浮かばないときはどうする?履歴書を埋めるコツ4つ

1705_2_193 (1)

就活において、企業が履歴書で注目してくる項目が自己PRです。しかし、自分で自分の強みを把握している人はそれほど多くはないかもしれません。いくら考えても履歴書を前にして何も浮かばない経験があるという人もいることでしょう。しかし、長所のない人などこの世にいないとは言いきれません。自己PRが浮かばない人は書き方に慣れていないだけなのです。わずかなコツさえわかれば、魅力的な自己PRを書けるようになるでしょう。ここでは、自己PRを書くコツを4つに分けて紹介します。

まずは自分の人生を振り返る

自己PRといえば「私は協調性がある人間です」「私は何事も投げ出さない性格です」というフレーズが定番です。しかし、そんな文章を綴っているうちに違和感が出てくる人もいるでしょう。心にもないことを書いていると自分で納得ができないものですし、採用担当者にも嘘は伝わってしまいます。自己PRでは自分の長所を誇張することは必要ですが、まるっきりの嘘を書くと矛盾が生じ、採用の確率は低くなるでしょう。真実味のある言葉が浮かばないのなら、自分の人生をまずは振り返ってみることをおすすめします。幼少時代から覚えている限りの出来事を書き出し、年表を作りましょう。些細なことの連なりでも、眺めているうちに自分の性格や傾向が客観的に浮かび上がってきます。
1705_2_193 (2)

結果よりも努力を大切にする

自分の経歴を振り返って「インパクトがない」と嘆く人は大勢います。しかし、逆に考えれば「インパクトのある経歴」とはそれほど多くないことがわかってきます。スポーツで全国的な結果を残したり、学業で社会に貢献したり、そんな人はごく一部です。そして、経歴に「インパクトがある」からといって社会に役立つとは限りません。もちろん、企業の採用担当者はそんな事情を承知しています。企業が聞きたいのは結果以上に、どんな分野でどんな努力を残してきたかなのです。もしも、これまでの経歴で頑張って続けてきたものがひとつでもあるのなら、目立った結果が浮かばない場合でも関係なく自己PRしてみましょう。その取り組みを評価される可能性があります。

能力よりも適性をPRする

新卒の就活生には特に言えることですが、多くの企業は若い新入社員に有能さを求めることがほとんどありません。むしろ、最初から能力が備わっている人材に対して「扱いにくい」「のびしろがない」と考えるケースすらあるのです。特別な能力がある人はもちろん、自己PRに役立ててもいいですが、能力が思い浮かばない人でも「適性」を主張することで十分なPRができます。企業は若手に対してはやる気があり、職業適性が高いことを求めています。適性がある人材なら成長率も大きく、会社のために尽くしてくれると考えるからです。企業研究を徹底したうえで、経営理念などから企業が必要としている人物像を踏まえておくと的確な自己PRに生かせます。

主張には明確な根拠を示す

「私は有能な人材です」と闇雲に主張するだけでは、逆に多くの企業から敬遠されてしまう傾向があります。自己評価が高すぎる人は、協調性がなくて挫折に弱いというイメージがあるからです。根拠のない自己PRはネガティブな評価を受けがちです。自己PRには必ず根拠を付け加えて、説得力を持たせるようにしましょう。根拠を挙げるには精神論ではなく、経験則を用いることがおすすめです。たとえば、「自分は根性がある」という主張をする際には、学校やアルバイトでの経験から「根性がある」エピソードを思い出して書くようにしましょう。単なる自己評価ではなく、なんらかの役職に就いていたなどの客観的な事実があれば、より説得力が増します。
1705_2_193 (3)

自己PRは特別な内容でなくてもかまわない

自己PRでは自分が「書きたいこと」以上に企業の「聞きたいこと」を想像し、反映させるテクニックが重要なのです。そのためには、情報収集が就活の生命線だといえます。情報収集は自力で挑むだけではなく、ジョブコミットなどの就活応援サイトを使うことで有利になります。リアルタイムで企業の動向を探るにはインターネットを有効活用しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る