嘘をつかない人が企業に好かれる!?自己PRでは正直さを意識しよう

1705_2_192 (1)

就活とはいかに自己PRを成功させるかの戦いです。留学経験や部活動での戦績など、個性的な経歴で企業の気を惹きたいのは誰もが同じです。目立った経歴がない人も、自分の性格をアピールして企業から良く思われたいのは自然な傾向でしょう。しかし、自己PRに躍起になりすぎて嘘をついてしまうと高確率でわかってしまい、自分の首を絞める結果が待ち受けています。ここでは、嘘をつかないで自己PRを行うメリットを詳しく解説していきます。

自己PRで嘘をついてしまう心理とは

自己PRで嘘をついてしまう人の心理としては「少しでも自分を良く見せたい」というものだといえるでしょう。もちろん、就活では自分の長所を強調することは大切です。あまりにも控えめな態度を見せてしまうと自信なさげに思われますし、ライバルたちに埋もれてしまうことでしょう。しかし、強調が行き過ぎると嘘に変わります。多くの人が採用されたいがあまりに、根拠のないことを口走ってしまいがちです。嘘をつくのは自分に自信がない証でもあります。ライバルに比べて自分が劣っているように見えるから、嘘の経歴で採用担当者を惹きつけようとしてしまうのです。嘘をつかないで就活を行うためには、何よりもまず自分で自分を認める努力が必要でしょう。
1705_2_192 (2)

面接では嘘がわかってしまう可能性が高い

履歴書で嘘をつき、面接に呼ばれたとしても高確率で嘘はわかってしまいます。なぜなら、面接官は人を見るプロであるうえに、面接には「履歴書の内容に嘘がないか」を確かめる意味もあるからです。面接で少しでも矛盾があったとしたら、面接官は容赦なく追及してきます。偽りの経歴がある人材を入社させてトラブルになるよりも、選考過程で嘘を見抜こうと面接官は本気を出してくるでしょう。プロから浴びせられる質問には太刀打ちできず、嘘をついた人の多くはこの時点で見抜かれて不採用にされます。完全にわからなかったとしても、疑わしい態度を取った時点でプラスには働きません。本気で入社したい企業があるとすれば、嘘をつかないで面接に挑む方が結果的にはよっぽど好印象でしょう。

面接を通ったとしても内定後が大変

「たとえ嘘でも入社してしまえばこちらのもの」と考える人もいるかもしれません。しかし、内定を貰ってから嘘がわかるほうが、選考過程でわかるよりも大変な状況だといえます。まず、嘘がわかった段階で企業から厳しい追及を受け、内定を取り消される確率が高まります。すると、募集が少なくなっている時期にまたゼロから就活をやり直さなければいけない羽目になるのです。入社後に嘘がわかるのも悲劇的です。嘘の情報を基にして配属を決められると、できない仕事を任せられてあっという間に評価が落ちることになるでしょう。先輩社員から白い目で見られながら「嘘をつかないでおけばよかった」と後悔することになるかもしれません。嘘の自己PRにはデメリットしかないのです。
1705_2_192 (3)

自己分析ができていれば嘘は不要

嘘の自己PRをしてしまいがちな人は、自己PRを徹底的にやり直してみましょう。自分の長所を自分でわかっていないからこそ、嘘に頼ってしまうのです。長所がひとつもない人間など、存在しないはずです。冷静に自分の人生を振り返れば、強みになるポイントが見えてくるでしょう。たとえば、部活で輝かしい成績を残していなかった人でも、卒業まで部活を辞めなかったのなら「根気がある」という長所を持っています。留学経験がなくても海外の文化が好きなら「好きなものに打ち込める」という長所を持っています。自己分析の際には、どんな些細な経歴でも深く掘り下げていくことが肝心です。今まで気がつかなかった自分の個性をいくつ見つけられるのかということの方が、嘘をつくよりもずっと重要です。

嘘をつかないで済む就活を目指そう

最後まで嘘をつかないで済む就活を行うには、自分にぴったりと合う企業を見つける必要があります。自然なままで過ごせる会社を見つけるように意識してみましょう。また、ジョブコミットなどのサイトでは、自己分析の具体的な方法やアドバイスが掲載されているので、長所が見つからないと嘆いている人には心強い味方になってくれることでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る