就活生が知っておくべき自己PRの書き方のコツ

1705_2_165 (1)

就職活動で避けては通れないのが自己PRです。書類選考や面接で必ず聞かれる質問なので、就活生は早い段階で自己分析をして自己PR文を練る必要があるでしょう。自己PRとは自分の強みをアピールすることが目的ですが、それを裏付ける具体的なエピソードを付け加えることで、信憑性の高い内容にすることが求められます。また、その強みが入社してからどのように活かせるのかも、企業から注目されるポイントです。ここでは、自己PRの組み立て方のコツと注意するべき点についてご説明します。

自己PRの目的とは?

企業は、なぜ就活生に自己PRを話させるのでしょうか。自己PRとは、自分の強みをアピールすることです。企業はその情報から、その人がどのように自社で貢献できるかをイメージしようとします。そのため、例えばフットワークが軽い営業職を求めている企業に、「私は慎重派です」とアピールしても、前向きな印象を与えることはできないでしょう。自己PRを作る前に志望する企業が求める人材像や、入社後の仕事内容をしっかり調べておく必要があります。採用担当者は、毎日たくさんの学生の自己PRを読んでいます。ありがちな内容だと印象に残ることは難しいでしょう。自分なりのエピソードを添えて、説得力のある具体的な自己PRにするように工夫しましょう。
1705_2_165 (2)

自己PRのエピソードは具体的に

自己PRは自分が一番アピールしたいことを伝えることが重要です。しかし、ただ単に「私は行動力があります」「私の強みはリーダーシップです」といっても、「なぜそういえるのか」という説明をしなければ、納得してもらうことはできません。そのために、大学時代に力を入れたことなどのエピソードが求められます。ゼミやサークル活動、アルバイト、ボランティア、留学、インターンなど、内容はなんでも構いません。重要なことは何をしたかよりも、その経験を通して何を学んだかと、それを今後どう活かせるかです。例えば、「課題を発見して対策を講じ、その結果このような効果があった」というように、自分で能動的に行動して問題解決した経験などがいいでしょう。

自己PR作成で注意すべき点

自己PRを作るうえで注意するべき点は、抽象的な言葉を使いすぎないことです。「協調性」「コミュニケーション能力」「粘り強さ」などの言葉は就活時に使いがちですが、はっきりと何をしたのかが分かりづらいため、使う場合にはわかりやすいエピソードに工夫する必要があります。また、「ゼミのリーダーに選ばれた」「後輩の教育係になった」などという事実だけではアピールにはなりません。その立場で何をしたのかまで深掘りしましょう。「留学先で現地の人と交流を深めた」「アルバイトを3年継続した」などについても同様です。留学すれば新しい交流があるのは当然です。留学したことでどんな気づきがあり、何を学んだかというプロセスが最も重要です。

自己PRの組み立て方

自己PRは、文字数にして300字くらいまでが妥当といわれています。あまりに長いとポイントがわからなくなってしまい、読んでもらえなくなるからです。一番大切な「何が強みか」ということをひとつに絞り、はじめの書き出しにします。そして、その理由としてなぜその強みが形成されたのかを簡単に説明しましょう。続いて、その理由を裏付けするような具体的なエピソードを説明します。最後に「私の○○の強みを活かして○○というかたちで貴社に貢献したい」とまとめます。読み手が惹きつけられるようなオリジナリティーが必要なので、他人の言葉を流用しても説得力は出ません。自分なりのエピソードを思い出してまとめましょう。
1705_2_165 (3)

自己分析と企業分析が必須!

自己PRは、就活に欠かせない重要な武器です。自分の性格や特徴を分析するとともに、志望する業界や企業でどのように自分の強みを活かせるかを具体的に考える必要があるといえます。自分ひとりで考えてもわからないときは、親しい友人や就活サポートしている機関に相談して客観的に分析してもらうのもひとつの手でしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る