エントリーシートで英語能力の高さをアピールしたいなら!?

1705_2_159 (1)

国際化の進む現代においては、将来英語を活用できる職場で働きたいと考える人もいるでしょう。そこで、英語を活かして働きたい人のために、エントリーシートで英語能力を効率的にアピールする方法をご紹介します。このとき、TOEICやTOIFLなどのハイスコアを得ていれば、エントリーシートでもその英語能力をある程度客観的に示すことができますが、なかには英会話が得意でもこうした試験では実力を発揮できないこともあるでしょう。そこで、スコアに自信のない人が英語能力をアピールする方法についてもご紹介します。

エントリー前から慎重に!自分の英語能力を発揮できる企業を選ぼう

当たり前のことですが、英語ができるからといってどのような企業でも採用に有利になるとは限りません。たとえば、既に英語の堪能な社員が複数名いて、逆に技術職など専門性の高い社員を募集している場合には、英語が話せることによって有利に働く可能性は高くありません。応募する側からみても、海外支社が新しくできる場合や英語能力の高い社員が退社した場合に、今後英語を活用できる機会は訪れるかもしれませんが、あくまで可能性の話にすぎないので自分の能力と募集条件がマッチしているとはいえません。将来的に英語を活用したいならば、企業情報だけでなく募集要項もきちんと確認することが大切です。
1705_2_159 (2)

英語でエントリーシートの記載を求められたら?

外資系企業や海外進出を検討している企業では、英語でエントリーシートを書かせることがあります。これは自然な英語で論理立てて説明できるかを見るための採用試験で、即戦力と呼べるほど英語能力が高いかを計ろうとしています。ネイティブに近い英語能力がないのであれば、まずはいったん日本語で下書きをすることをおすすめします。下書きの段階で難しい語句を使う必要はなく、できる限り平易な言葉、短文で書くといいでしょう。次に、英訳するときには簡単な単語ばかり使うのではなく、ネイティブが読んでも違和感のない文章にすることが大切です。可能であれば、英語の得意な友人、先輩、ネイティブの人に添削してもらいましょう。

英語能力の高さをアピールしたいならTOEIC等が効率的!

英語能力の高さをアピールするためには、海外への留学経験、TOEICやTOIFLなどのハイスコアを記入するのが早道でしょう。スコアなどの資格はある程度客観性を有するので、一般的に信頼性が高いといえます。体調不良などで思わぬ結果が出せない事態を招かないように、就職活動を始める前に何度か受けるといいでしょう。業種や企業によって必須スコア、有利になるスコアは異なりますが、TOEICのスコアが600点以上あると有利に働く企業が多くあります。さらに、ハイスコアを得るために努力した過程をエントリーシートに記載することで、自己PRに結びけることもできます。TOEICやTOIFL以外では、英検、英会話検定、TOPECなどがあります。このとき、ただ資格情報を羅列するだけでなく、どのようにその企業で活かしていくのかをあわせて記載すると印象が良くなるでしょう。
1705_2_159 (3)

実力どおりのスコアを得られなかったときの裏技!?

残念ながら、エントリーシートを作成する時点で実力どおりの結果を残せなかった人もいるでしょう。英語能力の高い人を採用する試験で、中学卒業程度の英検3級を記載すると場合によってはマイナス評価を与えかねないので、あえて書かない方が無難なことがあります。そこで、この場合には趣味として英会話と記載し、自己PRで「将来英語をどのように役立てたいのか」「英会話がどの程度できるのか、英会話を取得するにあたって克服した課題とその過程」を書いておくのがいいでしょう。書類選考を通過し面接にまで進めることができれば、ハイスコアがなくても実力を示す機会が与えられます。

準備がカギ!なるべく早い行動を

仕事で英語を使いこなせるようになるには、数カ月または数年が必要です。就職する時点でそれほど高い英語能力を求められることは少ないかもしれませんが、英語を仕事で活用したいならば周到に準備しておくことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る