会社が自己PRを求める意味とは?自己PR作成のポイント

1705_2_176 (1)

就活生が内定を獲得するために欠かせないポイントは、志望動機や打ち込んだことなどいくつかありますが、自己PRも欠かせないポイントのひとつです。自己PRは自分のことだから説明するのは簡単だと考えている人もいるかもしれません。しかし、自己PRについてあまりよく考えずに対処すると、就活失敗につながる可能性もあります。そこで、自己PRの意味についてご紹介します。そのうえで、自己PRを行うにあたってのポイントをお伝えしましょう。

自己PRの意味は?会社の狙いとは?

効果的な自己PRをするためには、自己PRの意味を正しく理解しておく必要があります。会社がエントリーシートに自己PR欄を設けたり、面接で自己PRをしてくださいと問いかけたりする意味がわかっていないと、単なる自慢で終わってしまうでしょう。自己RPの意味は、入社後に活躍できる人材かどうかを会社に判断してもらうことです。会社は自己PRを確認することで、応募者の長所や物事への取り組み方を把握しようとしているのです。そのため、自己PRをする側もその意図をしっかり踏まえて行うことが大切になります。人柄や熱意が伝わる内容にすることや、現在だけでなく将来の可能性が感じられる内容にできれば効果的なPRになるでしょう。

自己PRでは物事の取り組み方をアピールする

1705_2_176 (2)

自己PRの意味を踏まえたうえで、具体的な自己PRのポイントついて3つご紹介します。ひとつ目は、自己PRでは物事の取り組み方をアピールすることです。長々と説明された自己PRの内容が、取り組んだことの実績だけだったということになると能力のレベルなどの把握には役立ちますが、考え方や物事への取り組み方といったその人の人間性までは伝わってこないでしょう。効果的な自己PRにするためには、なぜその取り組みを始めるに至ったのか、成果を出すために苦労した点やどのような方法で克服したのか、なぜその方法を思いついたのかといった思考と行動のプロセスに焦点をあてて自己PRを行うことをおすすめします。

自己PRでは将来の可能性をアピールする

2点目は、将来の可能性のアピールです。自己PRで会社が把握したいのは、応募者が将来活躍してくれるかどうか、成長する可能性があるかどうかです。そのため、自己PRでは成長する姿勢を持っていることを強調することが大切です。このときにポイントとなるのは、意欲だけでなく仕事への活かし方にも触れながら成長意欲の説明を行うことです。例えば、「コツコツ努力することが得意で、常に成長することに興味がある」という表現にとどまらず、「仕事内容を細分化して文書化し、改善点を見つけるといった地道な努力ができる」などのように表現すると、人事担当者もイメージしやすくなるでしょう。また、成長の可能性は定量的に測れるものではありません。そのため、どうせ客観的に評価はできないだろうと可能性を誇張しすぎると、失敗する可能性があるので注意が必要です。

自己PRでは会社に役立つ能力をアピールする

3点目は、会社に役立つ能力のアピールです。世の中には多くの会社が存在しており、それぞれ違った特徴を持っています。そのため、会社が求める人材像や能力も会社ごとに違っています。同じ業界の会社でも求める人材の特徴は違っているのが一般的です。自己PRを行う場合には、その会社が求める能力は何かという点を強く意識してPRすることが大切になります。同じ業界であっても各社求めるものが違うとなると、効果的なPRをするために企業研究をしっかり行うことが大切になります。研究や分析が足りなければ的外れな自己PRになってしまう可能性があるので注意しましょう。企業研究は志望先選びや面接対策だけでなく、自己PR作成にも役立つということです。

自己PRは会社側に立って行うことがポイント

 1705_2_176 (3)

自己PRは、自慢にならないように常に会社が自己PRに何を求めているかを意識して作成することが大切です。取り組みのプロセスを入れ、成長余力や将来性があることを示し、会社が求める能力があることをアピールしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る