エントリーシートで書く嘘は自分の首を絞める?就活で嘘は許されるのか

1705_2_151 (1)

就活で嘘をついてしまうという人がいます。就活では、人とは違う個性が大事になるので、人より個性を際立たせるために嘘をついてしまうのでしょう。しかし、その嘘は知らず知らずのうちに自分の首をしめてしまっているかもしれないのです。そもそも、就活において嘘は許されるのでしょうか。嘘が発覚したとしても許されるラインは一体どこなのでしょうか。実は、嘘も巧みに使えば就活におけるエントリーシートや面接などに活かせることもあるのです。

エントリーシートに記載する嘘の種類とは?

エントリーシートに記載する嘘の種類には、いくつかのパターンがあります。そして、その嘘にも軽度のことから発覚すれば不採用になってしまう危険なことまで段階があります。ほぼ問題ないレベルの嘘としては「感情の嘘」があります。感情の嘘とは、「弊社に興味はありますか?」と問われた際に、特に興味がなくとも思わず「はい」と肯定してしまう場合などです。これはいわゆる建前のレベルです。相手との軋轢を生まないための優しい嘘なので、比較的許される傾向にあるといえます。では、危険なレベルの嘘にはどんなものがあるでしょうか。いろいろと程度はありますが、「経験の捏造」はリスクの高い嘘になります。例えば、出身大学の詐称や留学経験の捏造などがそれにあたります。
1705_2_151 (2)

選考担当者に見抜かれる嘘とは?

そもそも就活で嘘をつく目的とは自分を大きくみせるためです。つまり、その嘘はもしも事実であった場合、とても魅力的な内容でなければなりません。選考担当者は魅力的な内容や興味を持った内容を掘り下げることが通常です。上記に挙げたような経験の捏造は、掘り下げて質問されるでしょう。その際、具体的な内容などを語れないようでは、面接の段階で間違いなく嘘が発覚してしまいます。また、裏を取ろうと思えば取れるような嘘は選考段階で見抜かれてしまいます。学歴や職歴などの捏造、資格の虚偽申告は、証明書類の提出を求められればその時点で嘘だと発覚してしまいますから、いくら選考を突破するためとはいえ使ってはいけない嘘になります。

エントリーシートに書いても大丈夫な上手な嘘とは?

エントリーシート上での上手な嘘ですが、嘘にも程度の問題があります。「感情の嘘」の場合、相手側もそれを建前だとわかっていることが多いので、たとえ嘘が発覚したとしてもそれほど支障はないといえます。つまり、見抜かれても問題が無い嘘は、嘘としての後ろめたさを持つ必要はあまりありません。では、自分を大きく見せることが可能で、かつ疑われないような嘘とはなんなのか、それは「水増し」です。サークルに所属していれば「サークル長である」と役職を水増しして嘘をつくなどがそれに該当します。裏も取りづらく、大きくみせることのできる絶妙な嘘です。しかし、当然発覚することは避けておきたいですから、それ相応の準備は必要です。準備とは、すなわち詳細設定まで作っておくこと。少し掘り下げられたくらいで疑われてしまうのであれば、最初から嘘などつかないほうがいいでしょう。また、設定は綿密に決めておき、必ず紙に書いて整理しておくべきです。頭の中にある程度の嘘はすぐに矛盾が出てくるからです。また、必ず元ネタを決めておくと設定の矛盾が出にくいものです。サークル長という嘘を書くのであれば、実際のサークル長を参考にするといいでしょう。直に話してエピソードをあらかじめ聞き出しておけるのであれば、それに越したことはありません。ただし、それだけ準備をしていたとしても見抜かれるのが嘘というものなので、発覚したときの対応策も考えておく必要があるでしょう。
1705_2_151 (3)

就活での嘘は許されるの?

就活全般やエントリーシート上での嘘は許されるのでしょうか。結論からいうと「程度による」ということになります。もちろん、発覚すれば人間として嘘つきというレッテルを張られてしまいます。しかし、日本は和を重んじ、建前は基本的に許される傾向の文化です。コミュニケーションを円滑に進めるための嘘は許されることが多くあります。そのほか、経験の水増しレベルの嘘であっても、就活生が自分を大きく見せたい理由を人事や選考担当者が理解しているケースも少なからずあります。営業担当ともなれば嘘も駆け引きの内です。嘘を上手に扱えるようになって、はじめて社会人として一人前だと判断する人もなかにはいます。しかし、嘘はときに真実よりも難しいテクニックを要します。裏が取りづらく自分を大きく見せることのできる絶妙な嘘というのは、用意するだけでもひとつのテクニックといえるでしょう。嘘は毒にも薬にもなると心得たうえで使うのであれば、ひとつの手段かもしれません。

嘘はコミュニケーションの一助という考え方

就活のみならず、人生のいろいろな場面において嘘をつく機会というのは意外に多いものです。これを、人生を楽しくするためのスパイスとできるか、毒となってしまうかはその人次第でしょう。就活の嘘も、結局は人生の一側面でしかありません。嘘というのは、使い方を心得たうえで使うべきなのです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る