どういう言い回しが適切?エントリーシートの一人称

1705_2_147 (1)

就職活動では、一人称を巧みに用いることが大切です。基本的に男性でも女性でも、就職活動では「私」という一人称を用いることが好ましいですが、状況に応じてはそもそも一人称をあまり多用しない方が良いという場面もあります。エントリーシートなどでも、自分のことを表現するときには「私」という一人称を使うのが一般的ですが、一人称の使い方や一人称を用いる場面などには柔軟性が求められます。ここでは、就職活動やエントリーシートなどに用いる一人称について詳しく解説します。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

就職活動の場においては「私」が適切

就職活動では、エントリーシートや履歴書などの書類を書く機会が増えます。そのときに、どのような一人称を用いるべきか悩んだことがある人もいるのではないでしょうか。普段の生活において、男性なら「僕・俺」、女性なら「わたし、あたし」などの一人称を用いることが多いですが、就職活動の場で一人称を「俺」や「あたし」で通すという人はまずいないでしょう。ただ、特に男性の場合ですが、「僕」という一人称を使っても良いかどうかについては疑問の余地がありそうな部分です。確かに、「僕」という一人称は「俺」などのように乱暴な言い方ではありません。しかし、就職活動においては、やはり「私」という一人称が望ましいでしょう。この「私」の読みは、「わたし」ではなく「わたくし」です。自分を表す謙譲語、または丁寧語ですから、社会人として相手と接する際は、やはりこの「私」という一人称が適していると考えられます。
1705_2_147 (2)

エントリーシートでの一人称の扱い方

エントリーシートに一人称を用いる場合は、まず「私(わたくし)」という表現が望ましいですが、その使い方に関してはいくつか注意しておきたい点もあります。エントリーシートなどの書類には、文字制限があるのが一般的です。少ない字数でたくさんの情報を詰め込まなければならないため、省略できる点は省略した方が好ましい文章になります。エントリーシートや履歴書などは、基本的に自分のことを紹介するための書類であるため、一文ごとに無理に一人称をつけて表現する必要がそもそもありません。不要な表現を避けて簡潔に叙述するためにも、一人称の多用はできるだけ控えるようにしてみるといいでしょう。

一人称の複数形の表現についても覚えておこう

エントリーシートや面接などでは、「私」という一人称だけでなく、「私達」などの複数形の一人称も使う機会が増えます。就職活動の場などで一人称の複数形を用いる場合は、「私達」という表現ではなく「私共(わたくしども)」という言い回しが適切だということを覚えておいてください。「私達」でも間違いではありませんが、「私共」は「私達」の謙譲語であり、「私達」よりも丁寧な言い回しです。一方、エントリーシートなどの書面では、「我々」という一人称を使うのが一般的です。書面においても、「私達」という表現に間違いはないのですが、より丁寧な表現を心がけるとするなら、やはり「我々」が好ましい言い方だということを覚えておきましょう。
1705_2_147 (3)

一人称以外の言い回しにも気をつけよう

就職活動での一人称はより丁寧な表現が求められる傾向にありますが、それは一人称の言い方だけに限ったことではありません。それ以外の人称にも、当然より丁寧な表現方法が求められるので、エントリーシートなどで不躾な言い回しをしないように注意しましょう。たとえば、「あなた」という二人称は、「貴方様」というように丁寧な表現を心がけてください。一方、「お父さん」を丁寧に表現しようとして、二人称と同じ要領で「お父様」などということのないように気をつけましょう。自分の両親や兄弟を表現するときは、「父」「母」「兄」などとするのが基本です。エントリーシートは尊敬語や謙譲語を用いて書くべきものですが、人称の表現にも尊敬語や謙譲語が必要になるということを覚えておきましょう。

普段から「私」という一人称に慣れておく

エントリーシートや面接などに限らず、就職活動では「私(わたくし)」や「我々」などの丁寧な一人称の表現を使う機会が増えます。普段から使い慣れていないと、つい口を付いて「僕」などの一人称を使ってしまうこともあるので、日頃から丁寧な一人称を使うように心がけておきましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る