エントリーシートは手書き派?印刷派?それぞれの特徴を知ろう

1705_2_140 (1)

就職活動が始まると、大量のエントリーシートを書くことになります。ここで悩みどころなのが、手書きにするか、PC入力で印刷するかという点です。企業から指示があればそれに従うことになりますが、指示がない場合はどうすればいいのでしょうか。実は、近年は印刷派が増加していることもあり、どちらを選んでも問題ないケースが増えてきています。手書きのエントリーシートと印刷のエントリーシート、それぞれのメリットや注意点についてご紹介します。

指定がなければどちらでもOK

かつては、エントリーシートや履歴書は手書きが主流でしたが、PCやプリンターが普及してきたため、現在ではPC上で入力しプリントアウトする方法も定着してきています。志望度が高い企業になるほど、手書きにすべきか印刷にすべきか迷ってしまうことがありますが、実は指定がなければどちらでも構わないというのが実態です。企業から手書きか印刷かの指示があればそれに従うのがルールですが、何の指定もない場合は手書きにしたため落とされる、印刷にしたため落とされるといったケースはほぼありません。エントリーシートで重要なのは、記入の形式を正確に守ることと、訴求力のある内容を書くことです。そのため、手書きか印刷かは深く悩まず、自分に適した方法を選ぶといいでしょう。
1705_2_140 (2)

手書きエントリーシートのメリットや注意点とは?

手書きのエントリーシートのメリットは、熱意が伝わりやすい点にあります。字が下手であっても、丁寧に書けば企業への思いが伝わります。そのため、熱意ややる気の面でほかの就活生と差をつけたいという場合は、手書きにしてみるといいでしょう。ただし、手書きのエントリーシートでは誤字・脱字や字の大小、詰め具合など、気をつけるべき点が多くあります。目の悪い人でも読みやすいように、大きくわかりやすい文字を心がけ、字を詰め込みすぎずに適度な間隔をとるようにしましょう。また、字の大きさにばらつきがあったり、文章が斜めに上がっていったりといった、見栄えの悪さにも要注意です。鉛筆で罫線を引いたり下書きをしたりしたうえで、ボールペンで清書するといいでしょう。

印刷エントリーシートのメリットや注意点とは?

エントリーシートをPC上で入力して印刷する方法は、読みやすさや修正のしやすさというメリットがあります。手書きの文字の場合、癖が強いとなかなか読めないことがありますが、印刷した文字であれば誰でも簡単に目を通すことができます。フォントを変えるなどの工夫もしやすいため、手書きでなくても個性を出すことができます。また、誤字や脱字があればPC上で修正できるため、手間があまりかからない点もメリットです。ただし、印刷エントリーシートでも注意点があります。それは、安っぽい紙を選ばないようにすること、ズレやかすれなどの印刷ミスに気をつけることです。印刷だからと気を抜いていると思わぬミスが生じるため、入念なチェックが大切です。

エントリーシートを印刷するときのポイント

エントリーシートを印刷するときには、まず紙選びをしましょう。安っぽいペラペラの紙では、破れたり折れたりする可能性があり、見栄えもあまり良くありません。そのため、厚手でしっかりした紙を選ぶことがポイントです。一般的なエントリーシート用紙の目安は、「A4サイズ、高白色、厚口、マット紙」です。「再生紙・古紙」や「エコノミー」「薄口」といった用紙は避けましょう。また、インクには水性の「染料インク」と油性の「顔料インク」があります。水性では水でにじんでしまうため、なるべく顔料インクのプリンターで印刷することもおすすめです。印刷前にはプレビューをし、紙が曲がらないようにセットしましょう。印刷後、しっかりと仕上がりをチェックすることも重要です。
1705_2_140 (3)

自分の書きやすい方法を選ぼう

手書きのエントリーシートにも印刷のエントリーシートにも、それぞれメリットや注意点があります。もし企業から指示がなければ、自分らしさを最も発揮できる書き方を選びましょう。印刷の場合は、紙やインク、仕上がりについても、十分にチェックすることを忘れてはなりません。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る