必読!アパレル業界で内定をつかむためのエントリーシートの極意

1705_2_139 (1)

ファッションが大好きでアパレル業界で働きたいと希望する人も多いでしょう。アパレル業界の仕事には、ショップスタッフ、プレス、デザイナー、パタンナーなど、さまざまな仕事があります。また、ファストファッションからハイブランドまで企業の種類も豊富です。そんなアパレル業界を目指す際、どのようなエントリーシートの書き方をすればいいのでしょうか。ここでは、アパレル業界で内定をつかむためのエントリーシートの極意についてまとめていいます。

ファッションが好きという気持ちを明確にしよう

アパレル業界で働くにあたり、ファッションが好きという気持ちは非常に重要です。休日出勤や繁忙期の残業など大変なこともあるなか、ファッションが好きという気持ちがあれば楽しみながら働くことができるでしょう。好きだからこそ熱心に取り組み、研究し、良い仕事につながっていくものです。そのため、アパレル企業の多くが、ファッションが好きかどうかという点を重要視しています。エントリーシートの志望動機欄や自己アピール欄には、自分がどうしてファッションが好きなのか具体的に書くようにしましょう。好きな気持ちをはじめから文章にするのが難しい場合は、好きな点を箇条書きにして文章を作っていくといいですよ。
1705_2_139 (2)

そのブランドでなければならない理由を書こう

ファッションへの情熱を文章にできたら、次はそのブランドでなければならない理由を書き出します。その点がはっきりしなければ、「アパレル企業ならどこでもいい人だ」と思われてしまうからです。できれば、そのブランドに対するエピソードがあるといいですね。「○○社が作るデザインと機能性を兼ね備えた洋服が大好きで何着も持っています」「○○社のショップへ買い物に行くたびに、店員さんが好みや話しを聞いてくれ、それに合うコーディネートをしてくれました」など具体的なエピソードをもとに、好きになったきっかけ、理由などを明確にしていきましょう。そのブランドの1ファンとして志望動機を書くことで、内容の濃いものになるといえます。

そのブランドが求める人物像について理解しよう

エントリーシートの自己アピール欄を書く前に、応募するブランドが求める人物像について理解しておきましょう。接客が好き、コミュニケーション能力が高い、提案力がある、キャリアアップを目指しているなど、ブランドによって求める人物像に違いがあります。また、ショップスタッフやマネージャー、パタンナーやバイヤーなど仕事内容によっても違うでしょう。しっかりと求める人物像を理解したうえで、それにマッチする自己アピールを考えることが大事です。求める人物像にマッチする自己アピールでなければ、欲しい人材だと思ってもらえないからです。人と接することが好き、社交性がある、ファッションを研究しているなど、そのブランドで活かせるであろう長所をアピールすることを意識してください。

そのブランドでどのように働きたいかで締めくくる

自己アピールは、自分の長所をそのブランドでどう生かしたいかを書いて最後の締めくくりにします。そのために、まずは自分がそのブランドで働くイメージをしっかり持つことです。自分自身がイメージできなければ、わかりやすく伝えることはできません。「高いコミュニケーション能力を生かし、ショップスタッフとしてお客様に喜んでもらいたい」「最終的にはマネージャーを目指し、店舗の売上により貢献したい」「トレンドをつかむ感性をいかし、WEB戦略部隊の第一線で働きたい」など、より具体的に、数年先のキャリアまでイメージできるといいですね。イメージできれば、自分なりの言葉で会社にどう貢献するかを書いて締めくくりましょう。
1705_2_139 (3)

ファッションが好きという気持ちを明確にしたエントリーシートを書こう

アパレル業界で内定をつかむために、エントリーシートにはファッションが好きという気持ちを明確に書きましょう。また、希望するアパレルブランドが求める人物像を理解したうえで、それにマッチする自己アピールを考えることも重要です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る