ここも自己PRの場!エントリーシートのアルバイト欄を書くコツ

1705_2_133 (1)

記入する欄が多いエントリーシート。そのなかでも、アルバイト欄の書き方がわからなくて困る人も多くいるのではないでしょうか。履歴書のアルバイト歴と何が違うのだろうと、頭を悩ます人もいるかもしれません。エントリーシートのアルバイト欄には、アルバイトを通して学んだ具体的な経験や身についたスキルを記入します。この欄も自己PRをする場だと考えていいでしょう。採用担当に「この学生に会ってみたい」と思わせるような、エントリーシートのアルバイト欄の書き方を紹介します。

単純なアルバイト歴を書くのはNG

ほとんどの企業で、エントリーシートにアルバイト欄を記入する項目を設けています。「○○年○月~○○年○月まで ○○店○○担当」と、単純なアルバイト歴はスラスラ書けるものです。しかし、履歴書のアルバイト歴の記入と違い、エントリーシートのアルバイト欄は書くスペースが広く設けているケースが多くみられます。アルバイト欄のスペースを埋めるには何を書けばいいのだろうと、むずかしく考える学生も少なくありません。スペースが広く設けられている場合は、単純なアルバイト歴を書くのはNGです。企業はアルバイトを通して、学んだ経験や人柄を知りたいのです。エントリーシートのアルバイト欄も自己PRの一種と思って、自分の人間性やアルバイトで身についたスキルや経験をしっかりアピールしましょう。
1705_2_133 (2)

身についたスキルやエピソードは具体的に

採用担当者は、何百枚ものエントリーシートに目を通します。アルバイト欄も、自己PRや志望動機と同じように採用担当者に読んでもらえるよう、ポイントを押さえて簡潔に書きましょう。アルバイト欄では、バイト先の具体的な勤務先や「楽しかった」「大変だった」などといった感想を書く必要はありません。最初にアルバイトの仕事内容を簡単に説明します。簡単に説明するといっても「カフェでバイト」という書き方では、バイト先で具体的に何をしていたのか見えてはきません。カフェでのアルバイトは、大まかにホールとキッチンに分かれています。カフェでホール担当としてレジ、オーダーなどの接客を中心に行ったというように、具体的に書きましょう。アルバイトでの仕事内容を書いたら、そこで身についた具体的なスキルを説明します。ただ単純に接客マナーを身につけたと書くだけでなく、その経験を通して学んだことや接客マナーが身についたエピソードを書き込むと、あなたがどんな人なの伝わっていきます。また、テレアポや販売などノルマがあるアルバイトを経験した人は数値目標や実績を書くと、あなたの仕事ぶりがイメージしやすくなります。

コミュニケーション能力をアピールするのもOK

仕事は上司、同僚、部下、取引先と、いろんな人と協力しながら行うものです。これは、アルバイトでも同じことがいえます。アルバイトで身についた経験やスキルが思いつかない場合は、バイト仲間と協力して働くことでコミュニケーション能力が身についたことをアピールしましょう。就活の自己PRというと、自分の長所や熱意を中心に伝えてしまいがちですが、採用担当者はチームの一員として職場であなたがどういう役割を果たし、どんな行動をする人間なのかもしっかり見ています。就職すると、いろいろな場面でさまざまな立場の人と関わりながら働くことになります。自分の意見を伝えることも大切ですが、相手の意見を受け入れ柔軟な対応を行うことも求められます。アルバイトを通して、自分は相手の立場に立って行動ができるという点もアピールするといいでしょう。
1705_2_133 (3)

短期間のバイト歴でもアピールOK

アルバイト経験が半年以内という短い学生もなかにはいることでしょう。バイト経験が少ないため選考では不利に働くかもしれない、書くことがないと頭を悩ませる人も少なくありません。しかし、短期間であっても社会に出る前にお金をもらって働いた経験は貴重なものです。短いアルバイト経験のなかでも、そこで学んだことや身についた経験、実績をしっかり説明できれば何の心配もいりません。たとえ長期間アルバイトをしていたとしても、身についたスキルや学んだことが説明できなければ意味がないのです。短期間であっても、しっかりとアルバイトで身についた経験や学んだことをアピールしましょう。

ポイントをおさえて簡潔にまとめよう

自己PRや志望動機と同じように、エントリーシートのアルバイト欄は誰が読んでもわかりやすいようにポイントをおさえて簡潔にまとめることが鉄則です。アルバイトを通してあなたが学んだことや身についた経験を、しっかり自己PRしてくださいね。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る