エントリーシートと履歴書はどう違う?書き分け方はあるの?

1705_2_129 (1)

エントリーシートと履歴書はセットで提出することになりますが、エントリーシートと履歴書は何が違うのでしょうか。どうしても同じ内容になりがちですが、同じ内容を書いてもいいのかという疑問も生まれます。同じ内容に対して切り口を変えて表現するのは非常に難しいため、エントリーシートが苦手という人も多いでしょう。ここではエントリーシートと履歴書の違いを説明しながら、この2つを理解して書き分ける方法を詳しく説明します。

エントリーシートと履歴書との違いはなに?

エントリーシートと履歴書を混同してしまう人も少なくありませんが、エントリーシートは自分を売り込むための「企画書」、履歴書はエントリーシートの内容を裏付けるための「要約」と考えましょう。それぞれの役割を考え、意識的に書き分けます。実際に採用の段階で企業側が重要視してくるのはエントリーシートになります。エントリーシートでは、ある程度自分を魅力的にみせるために演出することもでき、表現に工夫を凝らすことも可能です。しかし、履歴書には学歴や資格などといった事実のみを記入します。留年したことや、浪人した経験がある人も、その経験が今につながっているとポジティブに考えて正確に記入しましょう。履歴書では面接時の会話のきっかけ作りにも使用されます。
1705_2_129 (2)

時間軸が違う

履歴書に記入する項目は名前、住所、学歴、資格・免許、志望動機です。そのほとんどが事実の列挙であり、自分の意思を伝えられるのは志望動機のみとなります。ですので、履歴書ではこれまでどのように過ごしてきたかという過去の内容をみられると考えましょう。一方で、エントリーシートではこれからのことについて触れます。志望動機や入社してやりたいこと、入社後のキャリアなどが中心です。エントリーシートに企業が求めているのは、入社してからどのように活躍したいのかを知ることです。ですので、これまでの経験を企業でどのように活かせるのかといった内容を積極的にアピールしましょう。未来の自分の姿をきちんと想像して、企業に熱意を持って伝えることが重要です。

履歴書は『簡潔に』、ESは『結論から先に』書く

履歴書とエントリーシートの最大の違いは、その記入スペースの広さです。履歴書にも志望動機や自己PRを記入する欄がありますが、比較的スペースが小さく取られていることが多くあります。このため、履歴書ではわかりやすく伝えるために「簡潔」にまとめることが重要です。自分が伝えたいことは何であるのかをはっきりとさせて記入します。エントリーシートも伝えたいことをはっきりさせるのは重要ですが、かなりの記入スペースを与えられるので、文章として魅力的に構成する必要があります。写真や絵を使うことが可能な場合もありますが、基本的には文章です。だらだらと長く書くことで、何が言いたいのかというポイントがずれてしまうこともあるので、最初に結論を書いて採用担当者の心を掴みましょう。
1705_2_129 (3)

一貫性を持たせて重複させないことが大切

例えば、エントリーシートの自己PRにおいて「行動力」をアピールしているのに、履歴書の趣味欄に「映画鑑賞」と書くことで静と動が混在し、一貫性が見られません。エントリーシートと履歴書に一貫性がないと説得力が生まれないので、気をつける必要があります。2つを通して「チャレンジ精神」をアピールするのであれば、エントリーシートでは「サッカーチームでキャプテンとして活躍し、強豪の相手にも立ち向かった」といった内容を記入し、履歴書の趣味には「バイクで日本一周旅行をした」というように、さまざまな角度からチャレンジ精神を表現することも大切です。エントリーシートと履歴書を上手に書き分け、一貫性を持たせながら多彩な人間性であることをアピールしましょう。

それぞれの役割を理解して上手に利用する

エントリーシートでは、自分を表現するための手段として未来についても触れ、履歴書ではこれまでどのように過ごしてきたかという事実を記入します。魅力的に見せるためのツールと、それを裏付ける事実であると考え、上手に書き分けることでより説得力が上がります。エントリーシートと履歴書の書き分け方についての疑問は、ジョブコミットで相談することも可能です。就活についてのあらゆる不安を解消するためにも、利用してみることをおすすめします。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る