エントリーシートの趣味欄は何を書く?注意点とポイント

1705_2_125 (1)

就活において、志望する会社と初めて接点を持つことになるのがエントリーシートです。エントリーシートには学んできたことや志望動機などを書きますが、趣味の欄も記載をすることになります。趣味の欄は、ほかの欄と違ってなかなか参考になる文例などを見つけることが難しく、書きにくいと感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、エントリーシートにおける趣味の記載ポイントについてご紹介します。これからエントリーシートを記入する人は参考にしてみてください。

趣味欄で人事は何を見る?

エントリーシートの趣味欄には、自分が趣味だと思っていることを正直に書くという方法ももちろん間違いではありません。ただし、人事担当者がそのエントリーシートの趣味欄を見たときに、どんなことを感じるのかということを想像しながら書く姿勢は大切です。エントリーシートにはさまざまな役割がありますが、人事担当者が応募者はどんな人間なのかを判断する材料になるという役割があることを忘れてはいけないでしょう。そのため、読み手の印象を計算しながら自分の趣味を説明することが求められます。複数の趣味がある場合は、どんな自分をアピールしたいかをよく考えたうえで、すべての趣味を説明するのではなく、ひとつの趣味に絞るなど書き方を工夫することも大切になるでしょう。
1705_2_125 (2)

趣味はシンプルに書こう

エントリーシートの趣味欄を記載する場合の主なポイントは3つあります。まずひとつ目は、長々と書かずにシンプルに記載するという点です。好きな趣味について書くとなると、どうしても多くの内容を書いてしまいがちです。ただし、エントリーシートを読む人は採用担当者であり、同じ趣味を持っているとは限りません。同じ趣味の人が読めば興味深い内容であったとしても、応募者の趣味にまったく興味がない場合は、長々と趣味について書かれた文章を読む気にならないことは想像できるのではないでしょうか。そのため、エントリーシートに趣味を記載する場合は、シンプルにまとめることを心がける必要があります。

愛好者が少ない趣味の記載はできたら避ける

エントリーシートの趣味欄を記載する場合のポイントの2つ目は、同じ趣味を持っている人が少ないレアな趣味については、できるだけ記載を避けておくということです。もちろん、愛好者が少ない趣味だからといって遠慮をすることはないですが、趣味のタイトルを聞いても内容がまったく想像もつかないような場合は、採用担当者が応募者の人物像を想像する助けにはなりにくいでしょう。場合によっては、理解しがたい人という印象を残してしまい、採用に関してマイナスになる可能性も否めません。「自分の趣味を書く」のではなく、「自分を理解してもらうための材料として趣味を記載する」という、エントリーシートにおける趣味欄の役割を強く意識して記入することが大切です。また、ギャンブル系の趣味も印象が悪くなる可能性があるので避けた方がいいでしょう。
1705_2_125 (3)

ウソの趣味は書かない

エントリーシートの趣味欄に記載する場合の注意点の3つ目は、ウソを書かないことです。採用担当者の受けが良さそうだという理由で、体験したこともないような趣味を記載するのはやめるべきです。エントリーシートの内容が確認された段階で、仮に好印象を残せたとしても面接などでその趣味について話題になる可能性があることを忘れてはいけません。まったく興味がない趣味について記載し、あとでその内容がウソだったとわかってしまった場合は、取り返しのつかないマイナス評価を受けることになります。ウソを書いたことがわかった段階で、採用の可能性は限りなくゼロになると考えてもいいでしょう。そのため、ウソの記載はリスクに見合ったリターンが得られず、採用側と採用される側がお互いの信頼関係を築くための就職活動ではプラスにならないことをしっかりと理解しておくべきでしょう。

エントリーシートを見る側の視点を考慮して趣味を書こう

エントリーシートの趣味欄を記載する場合は、採用担当者の視点を考慮することが大切です。記載にあたっては、趣味の内容はシンプルに記載する、愛好者が少ない趣味は避ける、ウソは書かないといったポイントに注意してみましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る