知っておきたい!エントリーシート郵送時や封筒のマナー

1705_2_123 (1)

就職活動をいざ始めるとなった場合、最初に行うのがエントリーシートの送付です。単なる書類の送付だと思っている人も多いですが、企業への第一印象としてエントリーシートの送付の仕方は非常に重要なのです。最近では電子メールでやり取りすることが多くなってきてはいるものの、書類の送付の仕方を覚えておくのは社会人として大切なことです。そこで、ここではエントリーシートを送付するときのマナーや封筒の書き方などについて詳しく解説していきます。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

郵送時のマナーを押さえよう

ビジネス上、書類の送付にはマナーがあります。何気ないエントリーシートの送付ですが、このなかにも社会人として守らなければならないマナーがたくさん含まれているのです。企業はエントリーシートに書かれた内容や学歴、面接の内容だけでなく、就職活動を通して行われる一連の常識や知識についても見ています。もちろん、入社後に研修が行われることがほとんどですが、事前に常識を兼ね備えている学生とそうではない学生では研修の手間や時間も大幅に変わってくるため、常識のある学生を採用したいと思うのは当然です。マナーを知らないと、就職活動で企業側からのイメージを悪くしてしまうだけでなく、社会に出てからも恥をかいてしまうことになりかねないので、就活を通してしっかりと身につけておくようにしましょう。

1705_2_123 (2)

目次へ

添え状(送付状)も忘れずに

正式な文書を送付する際には、添え状を同封するのが一般的です。添え状とは、送付先に書類を送付した事実を伝えるためのもので、ビジネス上は基本的なマナーになっています。この添え状を書くときのポイントとしては、送付した日付を書くこと、送付先企業の名前は省略せずに株式会社から書くこと、自分の名前だけでなく連絡先も書くこと、本文は『拝啓』で書き始めることなどが挙げられます。また、最後には『敬具』という言葉を使って締め、右揃えにして記載するなど、書式に関するマナーもあるので注意が必要です。挨拶文が終わったら、その下に『記』を中央揃えで記載し、内容物を記載しましょう。最後は『以上』で締めれば添え状の完成です。

目次へ

封筒に関するマナー

エントリーシートを送付するときには、内容物の書き方だけでなく封筒に関してもマナーがあります。まず、封筒の種類に関してですが、一般的に封筒は白いものを選びます。サイズについてはエントリーシートの大きさに合わせたものを選びますが、通常はA4サイズであることが多いため、A4のものを選ぶといいでしょう。次に書き方ですが、宛先の住所と中央にくる会社名は高さを揃えるようにします。株式会社などの会社形態を表す文字が頭に入るときには、基本的に2行にして書き、2行目の頭(会社名の頭)を1文字分下げて書き始めるようにします。また、エントリーシートなどを送付するときには左下などに赤い文字で『応募書類在中』の一言を添えると丁寧でしょう。

目次へ

封筒は裏面にも注意しよう

表は会社名や住所などを記載しますが、裏面には自分の住所や氏名を記載します。このとき、ハガキなどでは左下に記載することが多いですが、封筒の場合には裏面の中央を挟んで右側に自分の住所、左側に自分の名前が来るように記載するのが一般的です。新卒の場合には学校名を自分の名前の前に入れ、2行にして書きます。上でも解説したように、このときも2行目の書き始めは1文字分下げて書き始めるようにしましょう。また、封筒を閉じるときにはテープなどではなく、しっかりと糊付けをします。最後に左上に日付を縦書きで記入します。このときは数字なども漢数字で書くことが一般的なので、数字で記入してしまわないように注意しましょう。
1705_2_123 (3)

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

発送時期にも注意が必要

エントリーシートを送付する際のマナーについて見てきましたが、送付するときには余裕をもって出すということも大切です。締め切りギリギリに出す人がいますが、これは企業側の印象を悪くしてしまうので要注意です。ここで取り上げたポイントに注意して順調な滑り出しをしましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る