例で理解しよう!エントリーシートの書き方講座

1705_2_122 (1)

エントリーシートには、志望動機や自己PRなどさまざまな記入欄があります。記入欄が大きく設けられているエントリーシートでは特に、なかなか書く内容が思い浮かばないこともあるでしょう。エントリーシートで重要なのは、自分のことを全く知らない採用担当者に、企業が求める人物像に合致していることをアピールする点にあります。そのため、企業研究をしっかり行ったうえで、文章構成や盛り込む具体例を工夫しながら書くことがポイントです。

文章構成は「結論先行型」で!

エントリーシートでは、志望動機や自己PR、趣味や特技などを書く欄が設けられています。特に志望動機や自己PRでは、比較的長めの文章を求められることがあります。そんなとき、長くても読みやすい文章を書くにはどうしたらいいでしょうか。エントリーシートの文章構成のパターンとして一般的なのが、「結論先行型」です。これは、先に結論を述べてからその根拠や補足を加えていくものです。採用担当者は毎日多くのエントリーシートを読むため、内容がわかりづらいエントリーシートはすぐに読み飛ばされてしまう可能性があります。相手にストレスをかけず、アピールポイントを確実に伝えるためには、結論を冒頭に持っていくことを心がけましょう。「私が御社を志望するのは、◯◯だからです。それは、御社が◯◯という強みを持ち、業界トップとして常に革新を繰り返しているためです」といった書き方が例となります。
1705_2_122 (2)

設問の意図を理解しよう

わかりやすいエントリーシートにするためには、設問の意図を理解し、適切に答えることが大切です。たとえば、志望動機では業界や職種、企業への理解度、志望者の熱意をはかることが大きな目的です。そのため、「ほかの会社でも使い回しているのでは?」と思わせるような曖昧な志望動機では、企業の意向に沿わないことになります。また、自己PRで企業がはかっているのは、志望者の適性やスキルが企業の求める人物像と合致しているかどうかです。そのため、企業が求める人物像から乖離したアピールポイントを押し出してしまうと、エントリーシートで落とされてしまうリスクがあるのです。企業のホームページやパンフレットなどで、経営方針や事業内容、求める人物像などをよく理解したうえで、エントリーシートに取り組むことが大切です。同じ会社を受けた先輩たちのエントリーシートを例とするのもいいでしょう。

志望動機や自己PRは具体的に!

志望動機や自己PRで重要なのは、具体的に書くことです。企業研究をしなくても書けるような薄い内容だと、せっかくの熱意が伝わりづらくなってしまいます。業界や職種、企業の研究を深め、企業の魅力や課題を整理したうえで「なぜその企業でなければならないか」「自分はその企業で何ができるか、何をしたいか」を明らかにしましょう。また、企業研究と同時に自己分析も重要です。例としては、自分のアピールポイントが「積極的にチャレンジし、成果をつかみとること」であれば、「大学で初めて中国語を学んだが、はじめは全く覚えられなかった。しかし、積極的に中国からの留学生と交流し、現在では日常会話ができるようになった」などと、アピールポイントを象徴するようなエピソードを盛り込みましょう。エピソードは、必ずしも派手で華々しくなくても構いません。エピソードの選定や書き方では、自分のアピールポイントの根拠となることが最も重要なのです。
1705_2_122 (3)

履歴書も正しく書こう

エントリーシートと同時に、履歴書を提出させる企業が多くあります。氏名や所属、学歴など自分の基本情報を書くものですが、こちらもおろそかにすることなく、丁寧に書くようにしましょう。履歴書のポイントをご紹介します。

(1)日付

郵送の場合は投函する日付、手渡しの場合は当日の日付を記入します。

(2)氏名

丁寧に、読みやすい字で書きましょう。「ふりがな」はひらがな、「フリガナ」はカタカナです。

(3)住所

都道府県から書き始め、すべて略さないようにしましょう。マンションやアパートも略さず記入します。

(4)メールアドレス

アルファベットのIと数字の1や7、アルファベットの大文字Oと小文字o、数字の0などは区別がつけづらいため、特に気をつけて書きましょう。

(5)学歴・職歴

学歴は中学校卒業から、すべて正式名称で書きます。今通っている大学の「卒業見込み」まで記入しましょう。職歴にアルバイトは含まれないため、就職した経験がなければ職歴は「なし」です。

エントリーシートは採用担当者に理解してもらうためのツール

エントリーシートには、志望動機や自己PRなどさまざまな欄があり、書き方に迷ってしまうことがあります。大切なのは、エントリーシートは自分を知ってもらうためのツールだということです。そのため、企業が自分の何について知りたいのかを、設問を熟読することで理解し、それを踏まえた文章を書きましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る