エントリーシートとは何なのか?就活をするなら知っておこう!

1705_2_121 (1)

就職するには、応募する企業に自分を売り込まなければなりません。そのために履歴書を作成し面接を受けることになりますが、それらに先駆けて行うことがあります。それは、エントリーシートの提出です。エントリーシートの内容は、その後の選考に大きな影響を与えます。そういわれても、エントリーシートとは何なのかよく分からないという人もいるでしょう。そこで今回は、エントリーシートの基礎知識や記入のポイントなどを紹介します。

エントリーシートは企業独自の応募用紙!

エントリーシートとは、企業が選考をするための材料として用意した独自の応募用紙です。インターネット経由で電子データとして提出するケースもあります。履歴書を提出するのに、わざわざエントリーシートも提出する意味がわからないという人もいるでしょう。たしかに、両者には共通する記入欄もありますが、その一方で大きな違いもあります。エントリーシートは画一的なフォーマットであるため、チェックがしやすく応募者同士を比較するのも容易です。汎用的な履歴書と違って、企業が知りたい独自の項目を盛り込むことも可能です。このように、選考の円滑化に役立つエントリーシートは、多くの応募が集まる企業にとって大きなメリットがあるといえます。

1705_2_121 (2)

書類選考を通過できるエントリーシートとは?

面接を受けるには、まず書類選考を通過しなければなりません。書類選考を通過できるエントリーシートとは、どういう内容が書かれたものでしょうか。華々しいエピソードが書かれていても採用担当者が会ってみたいと思わなければ、面接に呼ばれることはありません。つまり、採用担当者にもっと詳しい話を聞きたいと思わせる内容を書いておく必要があるのです。誤字や脱字が多くてわかりにくいエントリーシートを読んで、そのように思う採用担当者は少ないでしょう。読みやすいように丁寧に書くことが大前提といえます。文章構成としては、最初に要点を端的に記述して、その後に詳細な説明を書くといいですね。そのような基本を押さえたうえで、具体的な記入内容について考えましょう。

設問の意図を汲み取ることがポイント!

履歴書にはない設問があることも、エントリーシートの大きな特徴です。アンケートに答えるような感覚で、それらの設問に回答してしまう人もいます。しかし、そのような気軽な気持ちで答えるのは良くありません。エントリーシートとは、企業が慎重に検討を重ねて用意したものです。ひとつひとつの設問に意図があることを覚えておきましょう。企業が何を知りたがっているのかを考えながら答えることが重要です。たとえば、エントリーシートには失敗経験を尋ねる設問がよくあります。この設問では、失敗の内容を知りたがっているわけではありません。失敗を糧として成長した経験や、心配事を克服した方法などを知りたがっているのです。効果的な回答をするには、このように設問の意図を汲み取る必要があります。

履歴書や面接との関連性は?

エントリーシートは、履歴書や面接を意識しながら書くことが大切です。エントリーシートと履歴書の記入内容に一貫性がないと、どちらも説得力がないように感じられてしまうでしょう。エントリーシートで大胆な行動力をアピールしたのに、履歴書の性格の欄に「慎重である」と記入すると、人物像が不明瞭になります。また、面接で採用担当者はエントリーシートを読んで気になった点について質問してきます。そのため、エントリーシートは面接でどのような質問を受けるのかを予想しながら記入することが大切です。予想される質問への対策を行っておけば、面接で良い評価を得られる可能性が高まります。このように、エントリーシートが履歴書や面接に与える影響を考えておきましょう。
1705_2_121 (3)

最後まで参考にされる!エントリーシートは重要

エントリーシートは最初の関門であるのと同時に、最終選考でも参考にされる重要なものです。ぜひ、今回紹介した内容やジョブコミットの就職セミナーなどを参考にして、エントリーシートの記入のコツを掴んでください。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る