アルバイト経験を応募動機や自己PRに生かすには?

1705_2_113 (1)

就職活動で必要なものといえば、応募動機と自己PRです。提出書類にも記入しますが、面接でも聞かれることが多い内容なので、気を使う部分ではないでしょうか。自己PRは何を話していいかわからずに悩む人は多いでしょう。表現によっては印象を悪くしてしまうこともありますから注意したいものです。アルバイト経験がある場合には、それを志望動機と自己PRに生かすという方法があります。面接官に納得してもらいやすい効果的な生かし方を紹介しましょう。

応募動機にアルバイト経験を生かすポイントは?

関連性の高い業種のアルバイトを経験している場合には、応募動機として取り入れやすい傾向があります。アルバイトを通してその業界に関心を持ったという切り口でもいいですが、もちろんこれだけでは応募動機としては説得力に欠けてしまいます。アルバイトという立場で経験したことを、違う立場で本格的に仕事にしたいと考えたきっかけは何か、具体的にはどんなことがあって応募動機になったかという方向性が大切です。アルバイトではできないことをさらに追求できる位置で働きたいという気持ちに至った経緯なども、エピソードを含めるとわかりやすくなります。それが仮に、同業他社の場合なら「自分が求めている〇〇ができるのは御社の〇〇だった」という表現を用いて納得しやすいものにしましょう。
1705_2_113 (2)

アルバイト期間をPRに入れる

アルバイトの期間が長い場合には、それを自己PRに入れましょう。たくさんのアルバイトを経て多くの経験があるのもいいですが、見方によっては長続きしない印象を持たれることがあります。その点、一カ所で長く働いたことに悪い印象を持たれることは常識的に考えて少ないでしょう。むしろ、企業にとっては長く勤務してくれる人を採用したいと考えるのが一般的です。ひとつのアルバイトを長い期間頑張ったことを自己PRとして伝えましょう。長く働いたことで時給がアップした場合や待遇の変化などがあれば盛り込むのもおすすめです。結果だけをアピールするのではなく、長く働いたことでその結果に繋がったという流れが効果的です。

職場の問題を率先して解決したエピソード

アルバイトの場合は、現場に必要な指示だけをされるということは少なくありません。社員のような判断を必要とされないことが多く、余計な情報は入ってこないことはよく見られることです。しかし、内容によってはアルバイトでも把握して問題解決を図ることが必要なこともあります。そんな場合に率先して独自のやり方を考案し、業務の効率をアップしたり、顧客の満足度を上げたりすることに成功した経験があれば、十分自己PRの材料になります。アルバイトという立場上、指示だけに沿って働くということが多くなりがちです。しかし、働きながら業務の問題点に気づき、改善に向けて自ら工夫して解決したという点は高く評価されやすいのです。
1705_2_113 (3)

就職してから活かせる経験を具体的に入れる

例え異業種であっても、アルバイトで経験したことで就職後に生かせると思う内容は自己PRに加えましょう。ただし、簡単すぎてはいけません。例えば「接客のアルバイトをしていたので人と接するのが好きです」のような内容で終わってしまっては、採用担当者の興味を引くことはできないでしょう。アルバイトで経験したどのようなことが、企業のどんな部分でどのように生かせるかという道筋を立てて話すことが大切です。自分がどんなに即戦力になると感じていても、具体的に説明しなければ相手には伝わりません。また、アルバイトの内容もどのような仕事だったのかは、体験した人でないとわからないものです。自己PRは、全体の流れをしっかりと作っておきましょう。

考えて行動できるかどうか?

応募動機も自己PRも具体性が重要です。アルバイト経験を使う場合は、自分で考えて行動ができる人物という面を意識して自己PRに加えるといいでしょう。ただ働いたということではなく、何を学んだかということが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る