履歴書を書く時に押さえておきたい【応募の動機・自己PR・アルバイト経験】

1705_2_112 (1)

一口に履歴書といっても、さまざまな項目の欄があります。単に欄を埋めればいいというものではなく、自分がアピールするポイントを踏まえて書いていく必要があるでしょう。なかでも「応募の動機」「自己PR」「アルバイト経験」などは、どんな様式の履歴書であっても書くことになります。採用に結びつけるためには、的を射た書き方が重要です。ほかの応募者に差をつける履歴書の書き方をひとつひとつ見ていきましょう。ぜひ人物像が伝わる履歴書を作ってみてください。

どんな場面でも問われる「応募の動機」

企業の採用担当者からすれば、応募者がどんな動機で申し込んできているのか気になってしまうものです。そのため、どういった職種であれ「応募の動機」が重視されるのは必然でもあります。まず大事なことは、「どれくらいの熱意」があるかということです。業界未経験者の応募を求める場合には、仕事の技量が問われるわけではありません。むしろ、仕事に対する「適性」が見られていることを意識してみましょう。応募者がこれまでの人生を通じて得てきたものが、自社の業務とマッチするかを見られているのです。そのうえで、どれくらい仕事に対して熱心な姿勢を持っているのかを判断されると考えておいてください。「仕事を通じて、自分自身を成長させたい」といった応募の動機を書いていく姿勢が望まれています。
1705_2_112 (2)

効果的な「自己PR」の書き方

企業側にとっても、応募者がどんな人物なのかは強い関心を引くところです。限られた履歴書のスペースで自己PRをするには、起承転結を意識して順序立てて話題を展開していく必要があります。書き出しの部分で気をつけたいことは、最初に「結論」をもってくるということです。「私は〇〇な人間です」「友人や知人からは、〇〇な部分が長所だといわれています」といった風に、自分という人物像を一言で言い表せると、印象に残りやすい自己PRをすることができます。結論から始めて、その理由を述べていくような書き方をイメージしておきましょう。そして、自己紹介だけになってしまうのではなく、「これまでのさまざまな経験を貴社の業務に役立てたい」といったアピールをすることが肝心です。

応募する仕事に合わせた「アルバイト経験」

アルバイトの経験が多いに越したことはありませんが、あまりアルバイトの話ばかりをしてしまうと、かえってマイナスの評価につながってしまうこともあります。「この人物はアルバイトばかりをしていて、学業を疎かにしていたのではないか?」という印象を持たれてしまうと、せっかくのアピールポイントが逆効果になってしまいます。アルバイトの経験を書くときには、志望する業界の人物像とマッチした話題の展開をしていくことを心がけましょう。そして、アルバイト経験を通じて得たものや応募先の企業で役立つ部分を関連づけることを意識してみてください。問われていることに対して紐づけをしていくことで、説得力のあるアピールをしていくことができます。

履歴書は「人となり」を浮かび上がらせる

履歴書を書くときには、一生懸命に書くあまりに読み手のことを忘れてしまってはいけません。あくまで、企業側に自分がどういった人間なのかを知らせるための書類だということです。ですので、履歴書の用紙選びの段階から少し慎重になる必要があります。資格などをたくさん取得しているのであれば、その欄が多めの用紙を選んでみましょう。逆に、自己PRが苦手といった場合には用紙が小さめのB5判のサイズのものを選んでみてもかまいません。大切なことは内容の量ではなく、質にあるのです。企業には多くの応募書類が送られてくるため、コンパクトに書かれたものを送るのが望ましいといえます。そして、手書きの場合には読む相手のことを意識して、できるだけ丁寧な字で書くことを心がけましょう。1705_2_112 (3)

履歴書は「自分の分身」

履歴書を書くということは、企業側と接触する初めの段階だといえます。良くも悪くも、最初の印象というものは大切です。企業側が「ぜひ、この応募者に会ってみたい」と思えるような履歴書作りを心がけてみましょう。自分の長所や経験を書いたうえで、応募にあたっての熱意や応募の動機をしっかりとアピールしてみてください。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る