笑顔で面接を突破する方法【履歴書の書き方・自己PR・アルバイト経験】

1705_2_105 (1)

就活であれインターンシップの選考であれ、応募者は最終的に「採用」されることを望んでいます。そのため、人気の職種や業界ほど競争も必然的に激しくなってしまうものです。ほかのライバルに差をつけるために重要なことは、テンプレート的な内容になってしまわないということでしょう。友人の話や文例集ばかりを参考にしてしまうと、結果的に無難なかたちのアピールになってしまいがちです。そうした状況を防ぐためにも、うまく選考を突破するテクニックを学びましょう。

履歴書は自分に合ったサイズ選びが肝心

いざ履歴書を書こうとしたときに、どのサイズの用紙に書けばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。基本的に履歴書は、B5判かA4判の2種類ということになりますが、目的に合わせた選び方が大切になってきます。基準としては、書くことが多い人はA4判のサイズのもの、書くことが少ない人はB5判を選ぶといいでしょう。どちらのサイズにしても、採用担当者が知りたい項目は載っているため、それほど神経質になってしまうこともありません。自分に合ったものを選んでいく姿勢が大切です。後になって「余白ができた」「余白が足りない」といったことにならないためにも、最初の段階でしっかりと選んでおくようにしましょう。ほかに提出する書類がある場合には、A4サイズのものを選ぶほうが無難です。
1705_2_105 (2)

読み手の感覚を意識した「自己PR」

自己PRを書くときに意識しておきたいのは、読み手がどんな情報を知りたいかということです。取得した資格やスポーツの実績を書くこともいいですが、一番大切なのは「なぜ応募したのか」ということでしょう。当然のことながら、最初の段階で採用担当者は応募者のことを知らないわけです。したがって、自社に応募をしてきた人間に対して一定の関心を抱いています。ただ、自己PRは自己紹介文とは異なります。単に自分の経歴を書くだけはなく、「仕事に向き合う姿勢」や「仕事を通じて何を得たいのか」といった部分に注目しているのです。ですから、それぞれのエピソードなどは、最終的には仕事に関連した内容に結びつけるようにしましょう。

アルバイト経験からわかること

履歴書にはアルバイトの経験なども記入するでしょうが、何の仕事をしていたかは、それほど重要な部分ではありません。むしろ、アルバイトを通じてどんな発見を得て、課題を乗り越え、人間的な成長につながったかが問われています。そういった部分を語らないまま、アルバイトの経験だけを羅列してしまっても、採用担当者からすれば「学業を疎かにしていたのではないか」と疑いを持たれることもあります。いくつものアルバイト経験を語るよりも、1〜2つに絞って話を進めていったほうが、説得力のある自己PRにつながっていくでしょう。また、自分の経験を語るときにはついわかっているつもりになって、事実関係を省略してしまいがちなので注意が必要です。5W1Hを意識して、話の筋道を組み立ててみましょう。
1705_2_105 (3)

笑顔を忘れずに面接を突破する

最終的にはどんな仕事をするにしても、面接を突破しなければなりません。しかし、自分を良く見せようとして背伸びをしてしまっても、経験豊富な人事部の目をごまかすことはできないでしょう。志望動機や自己PR、履歴書などをしっかりと作成しておけば、むやみに緊張してしまうこともないのです。ただ、初めての仕事だといろいろと考えてしまうこともあるでしょう。そんなときは、意識的に笑顔でいることを心がけてみてください。笑おうという意志さえあればできることですし、基本的に笑顔でいる相手に対して悪い印象は抱かないものです。どういった仕事であれ、人と接することは避けては通れないですし、笑顔のすてきな人物は採用担当者も好意的に受け止めてくれます。

事前準備をしっかりと整えて挑むことが大切

履歴書を丁寧に書いたり、自己PRをしっかりと練り込んでおいたりすることは、実際に面接を受けるときに大きな助けとなります。準備不足で面接のときに慌ててしまったということがないようにしましょう。きちんと手順を踏んで、ひとつひとつのことをしっかりとこなしてみましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る