自己PRで気配りアピール!アルバイト経験を活かした書き方をしよう

1705_2_93 (1)

自己PRで何を書けばよいかわからないという就活生も多いでしょう。書くことが見つからず、自身のアルバイト経験などを単に記入するという人も中にはいるでしょう。しかし、企業は単なるアルバイト経験を採用の基準や参考にすることはまずありません。自己PRはそういった単純な経験を披露するものではなく、アルバイトなどの経験を通した自分自身の成長や学んだ知識をアピールするものだということを理解してください。そうすることで、自己PRで書くべきことも、より具体的なものにすることができるはずです。

単なるアルバイト経験以上のことを書く

学生時代に経験したアルバイトは、確かに仕事に対する自分自身の姿勢をアピールすることに役立つかもしれません。真剣にアルバイトに取り組んだのであれば、それを自己PRでアピールすることによって、自分の仕事に対する姿勢を相手に示すこともできるでしょう。しかし、実際のところ自己PRでアルバイト経験をアピールする就活生は決して少なくなく、単にアルバイト経験があるというだけを示しても、他の就活生との差別化を図ることができません。そのため、もし自己PRにアルバイト経験を書くのであれば、アルバイトという経験を通じて自分がどのような成長を遂げたのか、あるいはアルバイトによって自分の人柄にどのような影響を与えられたのかなど、より具体的な書き方をするということが大切です。

自己PRは自分自身をアピールするもの

1705_2_93 (2)

自己PRというのは、当然のごとく自分自身を相手に知ってもらうためにあります。したがって、自己PRの根底には、自分自身を語るという姿勢がなくてはなりません。アルバイト経験を書く際にも、経験そのものを書くのではなく、アルバイト経験を素材にした自分自身のアピールが含まれている必要があります。たとえば、「アルバイトでお客様満足度トップになりました」という単純な経験を書くのではなく、「私は気配りをするのが得意です。その能力を活かして、アルバイトでお客様満足度トップになりました」といったように、アルバイト経験を材料にして自分がどのような人間なのかをアピールすることが大切です。重要なのは自分の性格や資質を伝えることだということを意識するようにしましょう。

自己PRで重要なのは結果ではなくプロセス

自己PRにアルバイト経験を記載する場合は、アルバイトによる成果をアピールするのではなく、成果を上げるに至ったプロセスを細かく記入するように意識してみましょう。「顧客満足度NO.1」などという成果は、確かにアピールになりそうに思えます。しかし、企業は実のところそういった単なる成果は見ていません。重要なのはそうした成果を上げるまでの過程です。自分が仕事に対してどういう姿勢で、どのような取り組み方をして、どういった工夫をしたのか、自己PRではこういった点に注意して内容を構想するようにしてみてください。そうすることで、企業の採用担当者にも、自分がどのような人物なのかを的確にアピールできるようになるはずです。

PRしたい強みには経験を添えて

自己PRでは、気配りができることをアピールする就活生も少なくありません。しかし、ただ「私は気配りができます」という書き方をしても、相手の心には響かないでしょう。こういうときこそ、アルバイト経験を活かすのです。気配りができるということは、確かに就職活動では大きな強みになるかもしれません。しかし、いかに就職活動に活かせる強みであっても、その伝え方が上手でないと宝の持ち腐れになってしまいます。PRしたい強みがあるなら、それを自身の経験に引っかけて伝えるようにしてみてください。そうすることで、PRしたい強みにより信ぴょう性を持たせることができ、相手にもうまく伝わるようになります。このように、アルバイト経験は伝えたいことに信ぴょう性を持たせるために役立ってくれます。

自己PRはプラスアルファで評価される

 1705_2_93 (3)

自己PRはプラスアルファが大切です。アルバイトで上げた成果をアピールするのではなく、そこに至ったプロセスや成果を上げるために自分がしたことなどが評価のポイントになります。自己PRを書くときは、こうしたプラスアルファを意識した書き方をしてみてはいかがでしょうか。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る