ESと企業説明会との深い関係とは?ES記入の心得

1705_2_76 (1)

合同説明会や個別説明会など、就活生になるとさまざまな企業説明会に参加することになります。参加回数が多いと混乱してしまうこともあるかもしれませんが、ホームページやパンフレットだけでは知れない深い情報を得るチャンスです。説明会の経験を踏まえてESを作成することで、説得力のある、熱意にあふれる志望動機や自己PRを書くことができるでしょう。そこで、企業説明会で知るべき情報や、通過率を上げるためのESのポイントをご紹介します。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

企業説明会で知れることとは?

就職活動が始まると、合同説明会や個別説明会など、さまざまな企業説明会の機会があります。企業説明会に参加する意義は、ホームページやパンフレットだけでは分からない、事業内容や方向性、求める人材、採用情報、社員の生の声などを聞けることにあります。また企業によっては、説明会の後にESを記入させるところもあるため、志望度の高い企業の説明会では、あらかじめ準備して臨むことが望ましいでしょう。質問タイムなどを通して、いっそう深く企業のことを知りたい場合は、その企業に関する予習が鍵となります。具体的には、企業ホームページやパンフレットを熟読し、事業や製品、方針に対する基本的な知識をつけておくことです。また、企業名でニュース検索をすると、その企業に関する最新のトピックスが出てきます。さらに、ビジネス雑誌に特集記事やインタビュー記事が組まれていることもあるため、図書館などでチェックしてみるのも良いでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目次へ

ESの通過率を上げるためのポイント

企業説明会を経て企業への志望度が高まれば、いよいよESを提出することになります。志望するからにはぜひ合格したいものですが、ひとつの企業に集まるESの量は膨大です。そのため、採用担当者の目に留まるようなESを書く必要があります。ESを書くときのポイントは、まず企業が求める人材を理解した上で内容を考えることです。たとえば、営業を募集している企業に「1人で集中して作業することが得意です」と書いてもあまり響きません。「アルバイトの接客を通して、お客様のニーズを引き出し、ぴったりの製品を提案するコミュニケーション能力を培ってきました」というように、企業が求めるスキルを分かりやすくアピールすることが大切です。そのためには、企業ホームページやパンフレットを熟読するだけでなく、説明会で聞いた生の声を参考にすることがポイントとなります。

目次へ

説明会の経験をうまく盛り込もう

企業説明会のメリットは、ESの参考になるような生の声を聞けるだけではありません。ESやその後の面接で、説明会の経験を引き合いに出して志望動機や目指したいビジョンを述べることで、いっそう実感のこもったアピールができるようになります。たとえば「説明会で営業部の◯◯さんのお話しを聞き、◯◯という姿勢に感銘を受けました。そのような企業風土のある貴社の一員となり、製品だけでなく、お客様の役に立つソリューションも含めて提案できる営業マンになりたいです」などと具体的に書くと、企業への理解が深まっていることをアピールでき、より熱意も伝わりやすくなるでしょう。ただし、企業を褒めるだけなら誰でもできます。説明会から、企業が今後目指すべき方向性を見いだし「自分ならこうしたい」といった提案をすることも、ESの通過率を上げるためのポイントです。

目次へ

ES記入で知っておきたいコツ

ESの記入にあたっては、企業説明会の経験をうまく盛り込みながら、説得力や熱意をもたせることが重要ですが、いっそう印象的な内容にするためには、さらなる工夫が必要です。たとえば「他の企業と使い回しているな」と思わせるような浅い内容や、その企業を志望する具体的な理由・根拠が書いていないESであれば、落とされてしまう可能性があります。ESで何よりも大切なのは、「この企業でなければいけない」という想いを、具体的な根拠を明記しながらアピールすることです。そのためには、まず業界や職種、志望先企業の研究が求められます。研究を通して企業の魅力が見えてきたら、それを志望動機として論理的に組み立て、自分のスキルや適性、目指したいビジョンと関連付けながら文書にしていきましょう。
1705_2_76 (3)

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

説明会で得たものをESに反映させよう

企業説明会では、ホームページやパンフレットだけでは知れない企業情報を得ることができます。ただし受動的に聞いているだけでは、せっかくの説明会を十分活用できません。事前に予習をして、企業の魅力や今後目指すべき方向性を理解しながら、ESに落とし込んでいくことがポイントとなります。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る