知っておきたい!インターンやセミナーでの私服のポイントとは!?

1705_2_85 (1)

インターンやセミナーで私服OKの企業も少なくありません。真夏のインターンではスーツを着る必要がないので学生はホッとできますが、いきなりオフィスカジュアルの服装といっても、すぐイメージできない人も多いのではないでしょうか。普段どおりの私服でいいのかと勘違いして、いつもと同じ服装で参加することのないようオフィスカジュアルのポイントをしっかり抑えるようにしたいところです。今回はインターンやセミナーにふさわしいオフィスカジュアルのポイントを紹介します。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

そもそもオフィスカジュアルって何?

学生にはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、そもそもオフィスカジュアルとは「企業に適した服装」のこと。企業の服装がカジュアルな傾向になりつつあるので、実際はTシャツやデニムなどの私服で働ける企業も増えつつあります。ただし、インターンやセミナーに参加する際には、好印象を与えるオフィスカジュアルコーディネートが必要です。基本的なコーディネートとしては、「ジャケット+シャツ・パンツ(スカート)」の組み合わせとなります。派手すぎない色味を選び、働く会社に合った動きやすい服装を意識するようにしましょう。

好感度の上がるオフィスカジュアルコーディネート・男性編

1705_2_85 (2)

男性のコーディネートの場合、まずトップスは襟付きのシャツを選ぶようにしましょう。タンクトップやTシャツはラフすぎるのでNG。ハリのある生地のタイプやボタンダウンなどのシャツなどもオフィスカジュアルには向いています。ボトムスはジーンズなどラフすぎる服装を避け、チノパンなどを選ぶようにしましょう。そして、真夏のインターン以外はジャケットの着用はマスト。きちんとした印象を相手に与えることができます。全体的な色味は、ネイビーやブラック、グレーなど落ち着いたカラーがオススメです。もしコーディネートに自信がない人は、同系色でまとめると良いでしょう。また、シャツに白や水色など明るい色味を選べば、爽やかさも演出できますよ。

好感度の上がるオフィスカジュアルコーディネート・女性編

女性のコーディネートの場合でも、男性と同様にオフィスカジュアルには欠かせないジャケットは必須アイテム。コーディネートしやすい、ブラックやネイビージャケットがおすすめです。トップスはラフすぎるタンクトップやTシャツはNG。また、胸元の開いたタイプや、透け感があるタイプ、フリルの多いタイプも避けるようにしましょう。白いシャツは夏には清涼感も演出でき、顔色を明るく見せてくれる効果もあります。ボトムスは、インターンやセミナーでも動きやすいパンツかスカートスタイルを選択しましょう。スカートの場合はトップス同様、フリルの付いたタイプは避けるようにし、スカートの丈は膝丈がベストです。全体的な色味はネイビーやブラック、ベージュなど男性と同様に落ち着いたカラーが良いでしょう。

小物選びも忘れずに!オフィスカジュアルにふさわしい小物はコレ!

オフィスカジュアルの服装に合った小物選びも忘れてはいけません。男女ともに、バッグはA4サイズの資料が入るビジネスバッグを用意するようにしましょう。荷物が少ないからといって、普段の私服用のショルダーバッグやセカンドバッグはNG。茶色やブラック、ネイビーなどのバッグは汚れも目立ちづらく、どんなコーディネートにも合わせやすいのでおすすめです。社会人になっても使用できる上質な素材のタイプを選ぶとさらに良いでしょう。また、シューズは男性の場合、なるべくビジネスシーンにふさわしい革靴にしましょう。女性の場合は、ローヒールのパンプスが動きやすく疲れにくいのでベストです。男女ともに服装と同系色のシューズを選ぶことで統一感も出せます。

オフィスカジュアルの1番のポイントは「清潔感」

1705_2_85 (3)

このように、インターンやセミナーに参加するときの私服選びにはさまざまなポイントがあります。事前にしっかりとポイントを抑えていれば、貴方らしいオフィスカジュアルができるはずです。相手に好印象を与える1番のポイントは「清潔感」ですから、意識してコーディネートしてくださいね。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る