どうやって書くの?説明会に参加したあとのお礼の挨拶文

1705_2_55 (1)

会社説明会に参加したあと、お礼のつもりで挨拶文を書きたいと思う就活生もいるのではないでしょうか。こうした類いの挨拶文は就職活動に限らず、社会人になったら書く機会も増えてくるので、就活中にも予行演習のつもりで書いておきたいところです。しかし、挨拶文は書き方がわからないと思わぬ失礼をしてしまいがちです。説明会の挨拶文は必ずしも送る必要はありませんが、ここでは説明会のお礼として相応しい挨拶文について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

会社説明会のお礼のために挨拶文を書くことは就活に有利に働くのか

会社説明会に参加した後に、お礼の意味を込めて送る挨拶文は、就職活動を有利に進めるうえで大きな効果をもたらすことがあります。こうした類いの挨拶文は、提出することが義務付けられているわけではなく、就活生が自主的に考えて感謝の気持ちを込めて送るというのが通例です。ただ、一般的に説明会への参加後にそうしたお礼の挨拶文を出す就活生はそれほど多くありません。それだけに、挨拶文を提出することは大きな意味を持ちます。人事の担当者から律儀で真面目な人柄だと思ってもらいやすくなり、その後の採用の可否に少なからず影響を与えることもあります。そのため、志望する会社の説明会に参加したら、面倒だと思って遠慮せずに積極的にお礼の挨拶文を出すようにしてみましょう。
1705_2_55 (2)

いつごろ贈るのがベストなの?

会社説明会のお礼の挨拶文は、できるだけ早めに送るのが鉄則です。できれば説明会に参加したその日の内に、内容を構想して出すように心がけましょう。レスポンスが早ければ早いほど、相手に与える印象も良くなるものです。遅くとも翌日までには送れるように、あらかじめ内容を想定しておくことも一つの手です。慣れていない人にとっては、こういった類いの挨拶文を起草するのは意外と難しい作業です。文面を考えていて然るべき期日までに送ることができなかったなんてことがないよう、お礼の挨拶文を贈ろうと考えているなら、あらかじめきちんと準備しておくようにしましょう。

お礼の挨拶文の書き方について

とはいえ、お礼の挨拶文は書き方や作法を知っておかないと、かえって相手に失礼を与えてしまうことにもなりかねません。どのように書けが良いかわからないという人は、書く前にそうした作法をしっかりと学習しておくようにしましょう。説明会のお礼の挨拶文は、メールで相手に送ることになりますが、文面を考える前に、まずは基本的な作法を覚えておいてください。最初に、どの説明会に参加したのか、日時と件名をわかりやすく表記するようにしましょう。また、自分の名前や出身大学を記載して「説明会に参加させていただき、誠にありがとうございます」などの挨拶を入れることを忘れないようにしてください。それから、説明会に参加したことで、どんなことに感銘を受けたのか、印象に残ったことなどについて書いていきます。
1705_2_55 (3)

自身の就職活動に対する抱負なども込めてみよう

お礼の挨拶文を書くときは、相手に対する謝意やお礼の意味だけでなく、これからの自分自身の就職活動に対する抱負なども盛り込むとより良くなります。そこに説明会に参加したことによる意欲の高まりなどが含まれていると、なお良いでしょう。そもそも会社側が説明会を開催する意図は、就活生の入社意欲を高めるという目的もあります。挨拶文ではこうした点に触れながら、説明会が自分の就職活動にどう影響を与えたのかという点にも言及するようにしましょう。文章の最後には、あらためてお礼の言葉を述べて全体を締めくくってください。こうすることで、お礼のための挨拶文としての体裁が整い、相手にも自分の本気度が伝わるようになります。

面倒くさがらずに書こう

お礼の挨拶文などは、書き慣れていないとなかなか構想するのが難しいものです。もし志望する企業が複数あるなら、そのつどお礼の挨拶文を書いて、書き方を練習しておいても良いかもしれません。こうした地道な努力が就活を成功に導くこともあるので、面倒くさがらずに積極的に書いていくと良いでしょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る