化粧品に関わる仕事がしたいなら!明確な志望動機でインターンシップの活用を!

1705_2_35 (1)

「化粧品が好きだ、興味がある」という人はたくさんいますが、単に「好き」というだけでは、なかなか仕事には結びつきません。化粧品にかかわる仕事をしてみたいと考えるなら、はっきりとした志望動機を持つことが大切です。そして、インターンシップにより、実際の現場ではどのような業務が行われているのかといったことを体験することが重要と言えるのではないでしょうか。そこで今回は、化粧品業界へ就職するにあたっての志望動機やインターンシップなどについて解説します。

実は奥が深い化粧品業界

「化粧品の仕事」と言えば、百貨店やドラッグストアなどの化粧品売り場や美容部員などといったことをイメージする人が多いのではないでしょうか。実は、化粧品に関わる仕事というのは実際の売り場に限定されたものではなく、とても幅広い業界であると言えます。化粧品のメーカーであれば、商品の開発から製造、またマーケティングなどといった業務があります。さらに、サロンを運営している企業であれば、エステティシャンが店舗の経営に関わる業務も担うことがあります。このように、化粧品業界というのは業務の幅が広いため、自分の志望動機にあった仕事を見つけることが大切です。
1705_2_35 (2)

化粧品業界で働いている人はどんな人?

化粧品業界で働く人というのは、女性がほとんどであるといったイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。化粧品売り場で働いている人は女性が多いため、そういったイメージを持つのも仕方がないことでしょう。しかし、例えば化粧品メーカーの本社勤務であれば、男性もたくさん活躍しています。女性が多い職場ではありますが、男性も活躍の場がありますので、男性であってもインターンシップに参加して、自分の可能性を模索してみるのも良いのではないでしょうか。化粧品業界で働いている人というのは、男女共通して美意識が高いといったことがありますから、美容に興味があるといったことは志望動機としては非常に重要であると考えられます。

注目の化粧品開発を希望するなら

化粧品の開発というのは、専門の知識が必要となりますので、理系の大学や農学研究をしている学生などにも活躍の場が用意されています。化粧品業界での研究職を希望する学生にとって、インターンシップで実際の業務を体験できるといったことは大きなチャンスであるとも考えられます。インターンシップに臨む前に、エントリーシートの作成を義務付けている企業も多く、しっかりとした志望動機を持ち、他者へ説明することができる能力を求められます。化粧品業界でやってみたいこと、どのような開発内容に興味を持っているかなどといったことについては、今一度考え直しておく必要があると言えます。インターンシップでは、実際に業務を体験することができるほか、業務内容の説明などもあります。気になることがあるならば、インターンシップで実際に働いている先輩社員に質問してみることもおすすめです。
1705_2_35 (3)

化粧品業界のインターンシップで行われていること

化粧品業界で行われているインターンシップの内容というのは、企業によって異なります。しかし、インターンシップを通して企業や業務内容をしっかりと理解してもらおうと、学生獲得のための工夫を行っている企業も少なくありません。企業によっては、1日または短期間でインターンシップの学生を受け入れている場合があります。インターンシップでは、研究開発の体験ができたり、実際の店舗で化粧品を使ってメイク体験したりなど、企業ごとの特色あります。

インターンシップの参加でわかること

インターンシップに参加することによって、実際行われている業務の内容を肌で感じることができます。インターンシップに参加してみると、「思ったよりも大変だな」と感じることも多いでしょう。こういったことを就職前にあらかじめ体験しておくことは、非常に大切なことです。化粧品業界にはさまざまな業務があり、それを理解するためにもインターンシップに臨むことは有意義なことであると言えます。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る