空港で働きたい人必見!志望動機を持って、インターンシップに参加しよう

1705_2_33 (1)

「空港の仕事」と言えば、客室乗務員やパイロット、整備士などを想像するといった人が多いのではないでしょうか。しかし、これらの他にも空港を支える仕事というのはたくさんあります。日本人だけでなく、世界中の人が空港を気持ち良く利用することができるように空港には多くの仕事が存在し、たくさんの人が空港を支えています。そこで今回は、空港で働きたいという人の志望動機やインターンシップに参加することで分かることなどについて解説します。

人気の職業「グランドスタッフ」とは

空港を支える仕事の中で人気の高いものとして、「グランドスタッフ」という職業が挙げられます。グランドスタッフとは、空港内での地上勤務に携わる全ての職員を指した用語です。グランドスタッフは、空港に関わる仕事の中でも花形の仕事として認識されているため、就職すること自体が難しい職業であるとも言えます。空港は日本だけではなく、さまざまな国の人が利用する場所です。そのため、専門知識や高度な語学力などが求められます。航空業界ではコスト競争が激化していますが、グランドスタッフとして空港に携わるのであれば、効率的な働き方を意識し、生産性を高めていけるよう成長し続ける姿勢が求められます。グランドスタッフを目指す人を対象としたインターンシップが行われている場合は、積極的に参加してみると良いでしょう。
1705_2_33 (2)

「グランドスタッフ」の具体的な業務内容について

グランドスタッフが日々行っている業務の内容については、さまざまな種類があります。旅客搭乗手続き業務や案内業務全般、運航に関するさまざまな情報を管理する業務などがグランドスタッフの仕事として挙げられます。これらの仕事は、直接飛行機の運転をするパイロット、お客さまと関わる客室乗務員などといった仕事とは異なります。しかし、グランドスタッフとしての仕事は、空港業務を支え、安全な空の旅を約束するためには欠かせない仕事と言えます。グランドスタッフとは、「地上のキャビンアテンダント」とも呼ばれています。このことからも分かるように、空港を利用するお客さまに対して、最高のサービスの提供をすることがグランドスタッフには求められています。

空港で働く人にとって必要な資格とは

空港勤務をするうえで「英語が話せる」ということは、必要条件として考えておきましょう。特に、グランドスタッフは人気の職種であるため、一度求人を出せば募集が集中することが予想されます。そのため、空港で働くことを希望するのであれば、業務に役立つ資格を取得しているとアピールポイントとなります。なかでも、中国や韓国などのアジア圏からの旅行者は多くいます。そういった背景からも、英語だけでなく、中国語や韓国語などもマスターしておけば、臨機応変に対応できると考えられます。また、グランドスタッフは、「空港の顔」として業務に携わるため、マナーが重要視されることは言うまでもありません。「秘書検定」や「接客サービスマナー検定」などは、就職後にも役立つ資格と考えられますので、取得を考えてみることをおすすめします。

志望動機をハッキリとさせてインターンシップに臨もう

空港に関わる仕事やグランドスタッフなどに就職したいと考えたときには、インターンシップに臨むまでには、明確な志望動機を持つことが大切です。国際線のある空港では、毎日さまざまな国の人が利用します。例えば、「英語が得意」や「留学して得た経験を活かしたい」などといった理由を志望動機として挙げるのであれば、普段からスキルアップのための努力を重ねることが必要です。また、就職を希望する空港を実際に利用した経験があるのであれば、「グランドスタッフの心くばりがうれしかった」「チームワークの良さに感動した」などといったことも、充分な志望動機となります。インターンシップでは、現役社員として働いているスタッフの声も聞くことができるため、「空港で働く」ことをイメージしやすくなるメリットもあります。就職後、自分はどのようにチームの一員として関わっていくことができるのかを考えながら志望動機をはっきりさせていくと良いでしょう。1705_2_33 (3)

空港で働きたい人が就職活動で行うべきこととは

空港を支える仕事にはさまざまな職種がありますが、どのような業務に携わる場合でも志望動機を明確に持つことが求められます。空港の仕事というのは、接客やおもてなしなどのほかにも、正確性が重視される業界と言えます。これらを踏まえたうえで、お客さまに最高のサービスを提供する目的は何なのかについて、考えを深めていくことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る