インターンシップに受かりたい!志望動機の書き方のすすめ

1705_2_22 (1)

就職活動が始まると、まず直面するのがインターンシップです。必ずしも採用に直結するわけではありませんが、インターンシップの経験があればその後のESや面接でアピールができ、有利に働くことがあります。そのため、ぜひ希望するインターンシップに受かりたいものですが、志望者が多い場合は周囲と差をつけることが重要になります。説得力があり、熱意を伝えられるような志望動機にするためには、何が必要なのでしょうか。志望動機を書くためのステップをご紹介します。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

まずは業界・職種や企業の研究から

志望動機を書くにあたって重要なのは、まず業界や職種、応募先の企業について理解することです。応募先のことを漠然としか知らないまま志望動機を書くと、主張がぼやけ、企業側の心を動かす内容にならない場合があります。そのため、その業界が市場の中でどのような位置を占めており、世の中にどのような影響をもたらしているのか、希望する職種では具体的にどのような仕事をするのか、応募する企業は業界の中でどのようなオリジナリティや強みがあるのかを整理してみましょう。企業の情報としては、事業内容や経営方針、主力製品・サービスなどを調べるだけでも、いっそうリアリティの増す志望動機につながります。またインターンシップの具体的な内容もしっかり調べましょう。

志望動機で書くべきポイントをまとめよう

業界や職種、企業研究ができてきたら、その情報を踏まえ、志望動機で書くべきポイントをまとめていきましょう。志望動機で重要なのは、インターンシップでの目標、インターンシップに参加する理由、そしてなぜその企業を選んだかという根拠です。たとえばマーケティング会社でのインターンシップを希望するならば「私は将来営業職として活躍したいと考えています。そのために、提案力やヒアリング能力を身に着けたいと考えています。貴社のインターンシップを通して、営業に必要な提案力、ヒアリング力を養い、さらにマーケティングの知識やロジカルシンキングを身につけることで、より幅広く活躍できる営業を目指したいです」などとまとめていきましょう。具体例を出すこともポイントです。

business colleagues working together and analyzing financial figures on a digital tablet and graphs

business colleagues working together and analyzing financial figures on a digital tablet and graphs

文字数にも注意して!

インターンシップの志望動機では、記入する枠や文字数が制限されていることがあります。そのような場合は、企業側の指示にしたがい、枠や文字数からはみ出さないようにしましょう。しかし場合によっては、特に指定がないこともあります。そんなときの書き方のポイントは、志望動機を200字から300字程度に収めるようにしましょう。短すぎると熱意が伝わらず、長すぎると内容がわかりづらくなってしまいます。そのため、起承転結と、具体例を入れることを心がけながら、300字以内に収めることがコツです。長く書くほど熱意が伝わるということはありませんので、読む相手の立場になって、ひと目見て理解しやすい志望動機を目指しましょう。

さらに読みやすい志望動機を目指すために

志望動機で盛り込むべき内容や、文字数についてご説明してきましたが、さらに重要なのは見た目です。パソコンで打ち込むタイプであれば、文字の大きさや形を気にする必要はありませんが、手書きの場合は書き方に注意が必要です。小さな字で文字を詰め込むと、読みづらくなってしまいます。「志望動機を書いてください」など、ESにあらかじめ表記されている文字の大きさを目安にして、それより小さくならないように気をつけながら書いていきましょう。また、走り書きや汚い字では、せっかくの熱意が伝わらなくなってしまいます。丁寧な字を心がけ、間違えたら書き直すようにしましょう。もし読みやすさに不安があれば、家族や友人、先輩や後輩などに読んでもらい、アドバイスを得るのも良いでしょう。
1705_2_22 (3)

コツをおさえれば志望動機は書ける!

インターンシップの志望動機の書き方では、業界・職種や企業への理解、インターンシップでの目的などを、読みやすくわかりやすい文章でまとめることが大切です。書きたいことがたくさんあっても、あくまで読み手の気持ちになって、誰が読んでも理解できる内容を心がけましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る