海外でのインターンシップ!採用されるために必要な志望動機やスキルとは?

1705_2_25 (1)

企業で実際に働きながら経験を積むことができるインターンシップ。特に将来グローバルに活躍したいという人に人気なのが、海外の企業で経験するインターンシップです。実際に現地で働くという体験は大きな自信となり、将来の目標への大きなステップとなるでしょう。ここでは日本の企業とは異なる、海外のインターンシップに採用されるために志望動機に盛り込みたいポイントや、実際に現地で働く上で必要なスキルなどをご紹介します。

なぜその会社で働きたいのかを明確にする

インターンシップに応募すると面接がありますが、そこで聞かれるのが「志望動機」です。「就職する際に有利だから」「その業界に興味があったから」「将来英語を使って仕事をしたいから」など、漠然とした志望動機では面接官の印象に残ることはできません。事前にしっかりと情報を収集して、自分がなぜその会社でインターンを経験したいのかをアピールする必要があります。特に海外の企業では日本の企業に比べて、即戦力になる人材が優遇される傾向にあります。過去の経験を踏まえて、自分の力をどうやってその企業で生かせるかという点をアピールしましょう。インターネットを利用すれば、日本にいながらにして海外の情報を入手することも可能です。将来を見据えて、どこの会社で働きたいかをしっかりと考えた上で応募すると採用率も高まるはずです。
1705_2_25 (2)

将来のビジョンを具体的に見据える

インターンをしたい会社が決まったら、具体的に志望動機を固めていきましょう。その際海外の企業で重要視されるのが「将来のビジョン」です。「自分は将来こうなりたい、そのためにインターンを経験したい」という強い思いを面接官に伝えましょう。インターンシップは働く側と受ける側の双方にとってwin-winになることが望ましく、将来のビジョンを共有することはとても大切です。漠然としたものではなく「数年後にはこうなっていたい」といったように、具体的な視野が必要になります。特に少数精鋭の海外のベンチャー企業においては、はっきりと将来のビジョンが見えていないと採用されることは難しいでしょう。

英語はゴールではなくあくまで手段

海外でインターンを経験するためには当然英語力が必要です。企業によって必要とされる英語力は異なりますが、なるべく高い英語力を身につけておくに越したことはありませんね。インターンシップは期間が限定されている貴重な期間ですので、そのあいだ仕事にしっかり集中できるよう、現地に行って困らない程度の英語力は事前に身につけておきましょう。また、自分の意見をはっきりと相手に伝えるコミュニケーション力も重要です。面接では、自分の考えが相手に伝わらなければ採用は難しくなります。実際に企業で働く際には、一緒に働く人たちと英語でコミュニケーションをとることになりますので、「伝える」スキルを身につけておきましょう。

「あなた自身の観点」を大切に

海外の企業では英語力はもとより、個人としての意見をきちんと持っているかが重要視されます。日本人に多く見られるように周りと意見を合わせることが美徳と考えられておらず、他とは違う「自分の」意見を求められます。面接時にアピールする際にも過去の経験や体験を踏まえ「自分はこういうことをしてきて、それを生かしてこうなりたい」というように、あなた自身のことを伝えるようにしましょう。海外では、自分のことを相手に伝えることができるよう小さい頃から教育が行われています。インターンシップに参加したいと考えているライバルたちは強豪揃いなので、日頃から自分の意見をはっきりと伝える訓練をしておくといいでしょう。
1705_2_25 (3)

インターンシップは将来に活かせる貴重な機会

憧れの海外でのインターンシップ。語学力やより個人の明確なビジョンが求められるなど、海外ならではのおさえておきたいポイントがいくつかありましたね。将来へ向けて貴重な経験ができる機会ですので、しっかりと準備をして面接に臨みましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る