新卒採用セミナーに参加してみよう

1705_1_156(2)

新卒採用セミナーは、自社内で実施されることもありますし、合同採用セミナーなど外部のセミナー会場や大学内などで行われているケースもあります。特に複数の会社が集まる合同採用セミナーは、気になる会社が複数参加していると時間効率良くそれらの会社の情報や雰囲気に触れることができます。気になる会社の社員に会うことで、直接質問ができたり、話ができたりするのでインターネット上では得られない経験ができる貴重な機会です。

新卒採用セミナーに参加すると

新卒採用セミナーに参加するとどんなメリットがあるのでしょうか。まず、限られた時間内で会社の雰囲気を自分なりに感じることができることです。特に自社内で開催されている新卒採用セミナーでは、受付や会議室の近くで社員や取引先などの方と遭遇する機会が多いですし、ここで働いたらどんな感じなのだろうと想像することができます。外部で開催される新卒採用セミナーでは現役先輩社員が殆どのケースで出席していますので、会社のイメージがわきやすくなるでしょう。新卒採用セミナーを開催している会社は、学生の方に対して少しでも会社のことを知ってもらいたい、興味をもってもらいたいと考えています。一般的な会社のイメージとは違う、いままで知らなかった会社の魅力を発見できる可能性があります。

会社を知ることができる貴重な機会

1705_1_156(3)
セミナーを開催する会社は、会社の魅力を一方的に発信するだけでなく、あくまでも新卒採用をするための重要な機会ととらえています。そのため、学生が積極的に質問をしてくれることに対しては好意的であることがほとんどです。参加する学生側も、自分で調べれば分かるような情報しか得られない新卒採用セミナーに参加しても時間がもったいないと感じるのではないでしょうか。できれば、せっかく参加するならその会社の良い面だけでなく本音の部分を現場の社員から聞きたいと思うでしょう。そこで、個別に社員と話せるブースや、参加者に向けて行われる質疑応答でできる限り自分が知りたい本音の部分を質問することが大切です。

新卒採用セミナーで上手に質問するために

現役の社員と話ができるのだから、本音をこの機会に聞いてみたいと考える方も多いでしょう。しかし、どんな質問をしても大丈夫ということではないので少し注意が必要です。上手に質問をするためには、相手が答えやすい質問をすることです。例えば仕事のやりがいや社内の雰囲気などについて「やりがいはありますか?雰囲気はよいですか?」などの単純な質問では漠然としていて、それは人によって違うと思われてしまいかねません。仕事のやりがいであれば、いままでに一番やりがいを感じたのはどのような仕事ですか。など相手が具体的に答えやすい質問を心がけましょう。また、残業やノルマ、休日出勤の有無などの質問、自分は就職したらこんなことをしたいというアピールが多すぎる質問はあまり好ましくないといえますので気をつけましょう。

採用につながる新卒採用セミナーはある?

1705_1_156(1)
新卒採用セミナーは、会社のプレゼンテーションや一般的な説明を一方的に聞くだけ、質疑応答があってもそんなに時間は十分と言えないため行っても直接採用につながるのかよく分からないと感じている方もいるでしょう。実際に新卒採用セミナーと言っても、さまざまなセミナー形態があります。会社も貴重な時間と予算を使って実施していますので、採用できる人を効率よく探し出していきたいと考えています。例えば参加者の数をある程度絞り、全ての参加者と座談会形式で話ができる方式のセミナーもあります。このようなセミナーは通年開催されていますので、確実に興味のある会社と話をしたいと考えているときには参加を検討してみてはいかがでしょうか。

新卒採用セミナーにはさまざまな形式があります

新卒採用セミナーは、会社が自社のPRをする貴重な機会であり、学生にとっては会社について知ることができる機会です。この機会を有効に活用するためには、自分が参加したい形式のセミナーを絞り込み、知りたいことが質問できた、納得できたという成果が得られるように準備しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る