グループディスカッションの準備は万全?就活する新卒が知っておくべきポイント

1705_1_154(2)

新卒が就活を行ううえで面接は避けては通れません。そのため、ほとんどの人は個別面接の準備をしっかり行っていることでしょう。しかしグループディスカッションには、準備不足のまま臨む人も見受けられます。その理由として、個別面接に対する備えがグループディスカッションにも通用すると勘違いしていることが挙げられます。実際にはグループディカッション特有のポイントや練習方法がありますので、今回はそれらについて紹介します。

グループディスカッションの流れを把握!

1705_1_154(1)

グループディスカッションは個別面接とまったくの別物といっても過言ではありません。最初の準備として、どのような流れで行われるのかを知っておきましょう。グループディスカッションは、参加する新卒を複数のグループに分けることから始まります。そしてテーマを提供して、グループ内で討論させるのです。それぞれのグループは制限時間内に一つの結論を導き出さなければなりません。最後にそれぞれのグループに結論を発表させるのが主な流れです。一般的に個別面接と違って、面接官から一人ひとりに質問が出されることはありません。面接官は基本的にテーマや進め方の説明を行うだけです。評価は、討論している様子や発表の仕方などを見て行うことになります。

重視されるポイントを理解しておくことが大切!

グループディスカッションで重視されるポイントを把握しておくと、当日の振舞い方の参考になります。大切なのは討論に積極的に参加することです。ずっと黙っていると積極性がないと判断されてしまいます。ただし、何でも話せば良いというわけではありません。聞いている人が納得できるように、分かりやすく意見を述べる必要があります。また他者と協力する姿勢もチェックされています。自分ばかりが目立とうとして、他の人の話を聞かないと協調性が欠けていると判断されるので注意が必要です。反論するときも、他者に敬意を払う姿勢を忘れてはいけません。また、グループのまとめ役になった場合は、議論を進行させるリーダーシップについても評価されるでしょう。

どのようなタイプがあるのかを知っておこう!

一般的にグループディスカッションのテーマが事前に分かることはありません。そのため、始まる前にテーマについて考えても仕方がないと考える人もいるでしょう。たしかに就活中の新卒が、事前にテーマを正確に予想するのは困難です。身近なものから専門性の高いものまで、テーマにはさまざまなタイプがあります。しかし実は、これらは大きく2種類に分けられます。1つ目は、「本当の幸福とは何ですか」などのように自由に意見を述べ合うタイプです。さまざまな答えがあるのが大きな特徴といえます。2つ目は、「増税すべきかどうか」などのように選択制のタイプです。賛否について討論することになります。これら2つのタイプは、注意すべきポイントに違いがあります。

タイプ別の注意点や練習方法は?

自由に意見を述べ合うタイプのグループディスカッションでは、安易に人の意見を否定してはいけません。正解がないので、どの意見も尊重する必要があります。また、比較的話しやすいテーマが多いので、長く話してしまいがちです。他の人が話す時間がなくならないように、制限時間を常に意識しておきましょう。要点を絞って話す練習をしておくのが対策です。
選択制のグループディスカッションでは、論理的な思考が重要になります。それぞれのメリットとデメリットを比較して、最良のものを選ぶ必要があるからです。選択に説得力を持たせるための論理的な説明をしなければなりません。就活における志望企業の選択など、物事を選ぶ際にしっかり理由付けをする練習をしておきましょう。

戸惑わないように準備をしておくことが重要!

1705_1_154(3)
基本的に就活は個人で行うものです。そのためグループディスカッションで、他の新卒と接することに戸惑う人もいるでしょう。今回紹介した内容を参考にしたり、ジョブコミットのセミナーに参加したりして、ぜひ準備をしておきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る