応募のメールが鍵を握る!インターンシップの志望動機のコツ

1705_1_113(3)

就職活動を始める前にインターンシップに参加して、その企業を実際に体験してみるのが非常に有意義であると考えられ、多くの大学がインターンシップを推奨しています。インターンシップに応募する際のメールの書き方は非常に重要であり、選考はここから始まっていると言っても過言ではありません。そこで、採用担当者の目に留まる志望動機の書き方とは何か、インターンシップの応募メールの書き方の手順と、志望動機のコツについて紹介します。

インターンシップの応募のメールでおさえておくポイント

1705_1_168(2)

たかがメールされどメールと言うように、インターンシップの応募のメールからも企業は学生のマナーを見ていますので、ビジネスメールの基本をしっかりと頭に入れて書くことが大切です。まずメールを送る相手がわかったらアドレス帳に登録します。登録した名前の漢字が正しいものであるかを確認し、名前の最後に「様」をつけて登録しましょう。件名には何に対してのメールであるかをはっきり書くことで、後回しに対応されることを防げます。『インターンシップの申し込みのお願い』と書いて大学名、学部名、氏名も件名に記入します。応募の内容についての質問を送りたいときにはインターンシップに関する問い合わせと件名に記入し、対応をお願いしましょう。

本文を書く前に気をつけよう

本文を書くときには宛名から書き始めます。会社名、部署名、役職、氏名という順番で記入し、役職がわからない場合は空けておいても構いません。会社名に株式会社がついている場合には略さずにしっかりと社名を書くのがマナーです。個人名がわからない場合は人事部様御中や採用ご担当者様と書きます。宛名が書けたらまず自分自身について名乗りましょう。大学名、学部名、氏名の次にインターンシップに応募する旨を明確に記しましょう。読みやすいテンポを意識して、最後まで読んでもらえるようにわかりやすく簡潔に書くことに気をつけます。事務的なメール内容の中にも印象に残りそうな1~2文を添えて、採用担当者の記憶に残るように努めましょう。

志望動機を書くときのコツ

1705_1_113(2)

志望動機を書くにあたってインターンシップの内容をよく読み、企業のことについて調べておくのが重要です。インターンシップで行う内容を勘違いしていると志望動機が的外れなものになってしまいますので注意しましょう。企業に興味を持ったポイントや、興味を持った理由、インターンシップを通して具体的に何を学びたいのか、どんな体験をしたいのかということをまとめます。具体的な例をあげて書くことで仕事への熱意が採用担当者にも伝わりやすくなります。最初からうまく書こうとせず、あらかじめきちんとアイデアを出し、それを構成することで自分が納得する志望動機に仕上がり、担当者も納得させることができます。インターンシップの志望動機を書くことで就活本番の志望動機を書く練習にもなりますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

インターンシップが決まったらお礼メールも忘れずに

インターンシップの選考に受かったら、企業にお礼メールを送信するのがマナーです。インターンシップは選考に関係ないという建前があっても、企業には良い印象を残しておくのがベターであると考えられます。お礼メールは早ければ早いほど相手の印象に残りますので、選考の通知が届いた日や、その次の日にはきちんと送りましょう。お礼メールは基本的なビジネスメールのマナーに従って簡潔に書くことが大切です。

宛名を書いて、自分のことを名乗った後に本文を書きます。本文はできるだけ端的に伝え、長文や遠回しの表現は担当者の時間の無駄にも繋がりますので避けたほうが良いでしょう。結論がわかりやすく端的なメールは、担当者から見てもプラスの評価に繋がります。最後にきちんと署名をして送信します。

ビジネスメールのマナーをしっかり学びましょう

インターンシップの応募のメールは、ビジネスメールの基本をしっかりと頭に入れてわかりやすく端的に書くことが重要です。企業が提示しているインターンシップの内容を良く理解し、このインターンシップだから学べることを具体的な例を挙げて志望動機に盛り込みましょう。そうすることで人事担当者を納得させられる志望動機に仕上がります。お礼メールも忘れずに送信し、ビジネスシーンでのマナーをしっかりと身につけましょう。インターンシップに関しての不安や相談はジョブコミットのサービスを利用することで解決します。インターンシップの募集もたくさんあり、応募メールの書き方の指導もしてくれますので就職活動における頼もしい存在となってくれます。

 

 

image4493

就活イベントに参加してみる!

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る