好きなだけではダメ?ペットショップのインターンシップ志望動機

1705_1_108(3)

ペットショップで働くためには、動物が好きという理由だけでは弱いのが現実です。好きであること以外に説得力のある志望動機を用意しなければいけません。インターンシップに参加する場合も同じことが言えます。ペットショップだから求められることは何でしょうか。働きたい、スキルを見つけたいという気持ちと熱意を採用担当者に伝えるために、どういう視点が必要かをまとめてみました。自分が持っているアピールポイントがどう生かせるか考えてみましょう。

自分の経験に動機を結びつける

1705_1_108(1)

ペットショップで働きたい志望動機にペットを飼った経験を入れるのは効果があります。ただし、動物が好きだということや経験があるというだけでは説得力がありません。ペットショップを希望する人の多くは動物が好きな人ばかりですし、飼育経験がある人もたくさんいます。それをどのように仕事で生かしたいかを具体的に説明しましょう。ペットショップでペットを迎えた経験があればその話を中心に、そこのスタッフに感動した内容もいいでしょう。「自分も他の方のお手伝いがしたい」という結論につなげるとまとめやすくなります。「業界の中でも人気の御社で経験を積みたい」という内容を加えるのもおすすめです。褒めすぎないようにさりげなく入れましょう。

ペットショップならではのアピールポイント

ペットショップでは日々ペットの世話をするのが仕事になります。もちろんそれ以外にも掃除や事務処理なども含まれますし、グッズやフードを取り扱っているところなら商品管理なども出てきます。生体を扱う業界なので、病気などのトラブルも考えられます。また、見た目がかわいいペットでも、噛んだり引っ掻いたりということがまったくないわけではありません。体力が求められる業種であることを理解して、志望動機に加えておくのもいいでしょう。インターンシップは短期間か長期間かでどこまで関われるか違いますが、働きながら資格取得を考えているというのも、ペットショップの志望動機に加えておくのもポイントです。トレーナーなど経験を必要とする資格なら説得力があります。

動物が好きであること以外に何が必要?

インターンシップで学びたいという姿勢を志望動機に入れるのはいいですが、一から学ぼうという姿勢は逆効果の場合があります。ペットに関する一般的な知識は必要です。インターンシップで参加していても、顧客から見ればショップのスタッフに変わりはありません。ペットに関連したことを学んでいない場合でも、必要な知識は身につけておきましょう。飼育経験など生かせる知識があることを明確に入れてください。ペットショップにはペットがはじめてのお客様もいます。健康管理やしつけについて相談して決める人は多いものです。間違った知識で飼育が困難になり、放棄してしまう人が問題になっていることを理解し、どんな知識を生かして顧客のお手伝いができるかにつなげてみましょう。

ショップの雰囲気はスタッフで変わる
1705_1_108(2)

企業がどのような事業展開をしているかで変わりますが、トリマーやトレーナーとして働く場合でも、ペットショップは接客業です。スタッフの接し方や雰囲気はショップ自体の雰囲気として反映されます。他のスタッフと上手にコミュニケーションが取れることも必要な条件です。スタッフ同士の連携が取れていないと肝心のペットに影響を与えるだけでなく、顧客に対しても良いイメージを与えません。採用担当者にとって他のスタッフとのコミュニケーションが取れるかどうかは気になる部分です。動物が好きでも一人ではできない業種であることを理解し、人と接するのが好きであることや協調性のあることもアピールポイントとして加えましょう。
☆ペットショップは接客業でもある
ペットショップは動物が好きなだけでは働けません。動物の世話について責任を持ってすることは重要ですが、家族として迎えたい人の不安や疑問に答えるのも仕事です。経験や知識をそこにどう生かして役に立ちたいかを志望動機で説明しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る