行政のインターンシップとは?その特徴や志望動機の書き方などについて

1705_1_118(1)

インターンシップは職場の雰囲気を実際に体験したり、自分と職種との適性を図ったりすることができる貴重な機会です。そんなインターンシップは民間企業だけでなく、行政でも実施されています。将来的に公務員としての就職を希望しているような方であれば、是非とも参加したいと考えるのではないでしょうか。しかし行政のインターンシップは民間企業のインターンシップと少し内容が異なるので、充分に理解を深めてから応募するといいでしょう。ここでは行政のインターンシップの特徴や、参加する際の志望動機の書き方などについて解説していきます。

行政のインターンシップとは?

国家公務員や地方公務員や政府関係機関など、公共サービスに携わる仕事を体験できるのが、行政のインターンシップです。講義や実習などを通じて行政の現場の雰囲気や実務を経験し、社会貢献の重要性や責任感を養ったり、就職へのモチベーションを高めたりするのが目的だとされています。民間企業と同様に、夏に実施されるサマーインターンシップ、秋に実施されるオータムインターンシップ、冬に実施されるウィンターインターンシップなどの種類があります。行政のインターンシップで経験できる内容は多岐に渡ります。国家公務員の職場か地方公務員の職場かで業務が異なりますし、役所や水道局、土木事務所や観光施設など、配属されるインターンシップ先もさまざまです。
民間企業のインターンシップではビジネスにおける基礎知識を学ぶという側面が強いのに対し、行政のインターンシップでは国家運営の仕組みや社会貢献の意義などについて体験することが可能です。

行政のインターンシップに参加するメリットとは?

1705_1_118(2)

行政のインターンシップに参加する最大のメリットとしては、行政の実態を深く理解できるという点が挙げられるでしょう。例えば市役所や水道局などといった場所で実際にどのような業務が行われ、どういった形で市民の生活が支えられているのか、身をもって知ることができます。また、単純に将来の安定性から公務員を目指しているというような方でも、インターンシップに参加することで行政の重要性ややり甲斐を理解し、公務員として働くことの意義を発見できる場合もあります。それから、行政の仕事はいろいろな部署や分野が絡み合って成立しているケースがほとんどですから、市民の生活に関して広い視野を培うこともできるでしょう。

民間企業のインターンシップとの相違点は?

行政のインターンシップと民間企業のインターンシップにおける最も顕著な相違点は、多くの場合報酬が発生しないということです。民間企業では長期のインターンシップにおいて、参加者に報酬が支払われるのが一般的です。しかし、市民の税金が資金源である行政では、インターンシップの参加者に報酬が支払われるケースは少ないのが特徴です。特に財政難の自治体のインターンシップであれば、報酬が発生する可能性はかなり低いのではないでしょうか。
加えて、前述したとおり行政にはさまざまな職場や部署が存在するので、希望の職場で働けないこともありえます。参加者が少なければ希望の職場を体験できることもあるかもしれませんが、参加者が多い場合は難しくなるでしょう。
そして民間企業ではインターンシップへの参加がそのまま内定に繋がるケースもありますが、行政のインターンシップにそうした特性はありません。とはいえ実際の行政の職場を経験することで専門的な知識や志望動機が深まるでしょうから、面接などにおいて、インターンシップ参加者のほうが有利になる可能性はあります。

志望動機の書き方について

1705_1_170(2)

行政のインターンシップに参加を希望するのであれば、エントリーシートの作成が重要です。とりわけ志望動機の書き方は合否に大きく関係してくるでしょう。そして行政のインターンシップですから、当然ながら行政に関係した志望動機を書くことが大切となります。
まず志望動機に取り入れたいのは「市民や社会に貢献したい」という気持ちです。自分がどういった形で市民の生活を支え、社会や地域の役に立ちたいと考えているのか、そう思うに至ったエピソードを交えて説明するといいでしょう。
それから「自分が学校や社会などからなにを学び、どんな能力や長所を持っているか」についてもアピールしましょう。ここで提示した自分のスキルを、どのようにして市民や社会のために役立てられるのかを明確にすることで、志望動機に説得力が生まれます。

行政の実態に触れられるのは貴重

公務員や政府機関などの仕事を体験できる行政のインターンシップには、民間企業のインターンシップとは異なる意義と価値があります。そして、なかなか実態を把握しづらい行政の実務に関われるというだけでも、充分な社会勉強になりえるでしょう。そのため、公務員を目指している方はもちろん、それ以外の方であっても、1度は行政のインターンシップに参加してみることで、貴重な経験を得られるのではないでしょうか。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る