インターンシップの志望動機はどう書く?学内選考を突破するためのコツ

1705_1_117(1)

企業が就活生を一定期間、研修生の名目で雇って仕事を体験させるシステムがインターンシップです。人気企業のインターンシップになると大勢の希望者が殺到するため、大学ごとに学内選考が行われることも珍しくありません。
選考過程で最も重要視されるポイントが志望動機です。志望動機でライバルに差をつけることができればインターンシップへの採用率が高まります。ここでは学内選考を突破できる志望動機について解説していきます。

志望動機は分かりやすく論旨を明確に書こう

1705_1_117(2)

インターンシップの学内選考では数多くの履歴書が送られてきます。人気企業となれば、書類選考の段階で採用担当者は右往左往することでしょう。そのため、志望動機を長々と書きすぎていては採用担当者の目に留まりにくくなります。簡潔でありながら内容に個性を持たせることが重要なのです。
まず字数ですが、あまりにも少なすぎてはやる気を疑われてしまうので200字から300字を目安にしましょう。一番伝えたいことは文頭に持ってきて、全体的に短文を連ねていくと読みやすい文章になります。また、当たり前のことですが字は丁寧に書くようにしましょう。雑な字は読みにくいだけでなく、性格がガサツだと思われてしまいます。学校の代表に相応しい資質を志望動機でPRしましょう。

インターンシップを通して何を成し遂げたいのか

インターンシップの志望動機として「就職に有利だから」、「有名企業を体験したいから」という文面は避けるようにしましょう。損得で動いているのではなく、自分自身の成長のためにインターンシップへと応募している人のほうが担当者から好印象を得られます。学内選考では、インターンシップを通じてどんなことを成し遂げたいのかを主張するのが得策でしょう。
記載する内容は具体的であるほど説得力は増します。インターンシップでの目標や意気込みを綴ると、熱意が感じられるのでおすすめです。また、「自分はできる」と過剰に自信をアピールすると謙虚さが感じられず、逆効果になります。謙虚さは見せつつもインターンシップで課題を克服したいという風にポジティブな面を見せましょう。

他の人にはない個性を加えよう

学内選考で担当者は同じような志望動機を何度も読むことになりがちです。志望動機には「企業の経営理念に共感した」、「自分の憧れの業界だった」というようなお決まりの文面で埋め尽くされることが多く、志望者の本音が読み取りにくい傾向があります。そんな中、他の志望者にはない独特の志望動機を書くことができれば、担当者の印象に残りやすくなるでしょう。
嘘を書くと面接でボロが出る可能性があるので、実体験を振り返りながら個性的な志望動機をまとめていくことが肝心です。その企業や業界を志すきっかけとなった事件や思いがあればなるべく詳しく書くようにしましょう。熱い思いは歓迎されますが、あまりにも前のめりになりすぎて一人よがりに思われない注意も大切です。

例文で見るインターンシップの志望動機

200から300字ほどの字数でインターンシップの志望動機を以下に記載します。ここに自分なりの体験談を加えるなどしてオリジナルの志望動機を完成させましょう。
『私がインターンシップに応募したのは以前から憧れていた業界で仕事の体験ができると思ったからです。私は実家が農家だったこともあり、食品業界への関心を抱いて過ごしてきました。上京し、田舎よりも新鮮な食品に触れる機会が少なくなってからはより食料品事情を深く調べるようになりました。将来、安全でお手頃な食品販売に関わる立場になるために、安全な食品にこだわる企業様で職業体験をして、より深く食品業界の実情を知りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。』

志望動機ではやる気を第一に伝えよう

1705_1_117(3)
就活生の中では、なんとなく他人に言われてインターンシップに応募する人もいます。また、有名企業のインターンシップに参加すれば就職が有利になると打算で動く人もいるでしょう。そんな人が学校を通してインターンシップに就いてしまうと大失敗を犯して学校に傷をつける可能性があります。そのためにインターンシップの学内選考は厳しく行われているのです。学内選考で志望動機を伝える際には、ライバル以上のやる気を示すことが最重要課題です。しかし、なかにはやる気があっても上手く言葉に置き換えられない人もいるでしょう。そんな人はジョブコミットなどの就活サイトを通して書類対策などを行うと、自分の思いを上手に伝えられる術を知ることができます。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る