インターンでの交通費に指定席料金も請求してもいい?

1705_1_195 (3)

インターンで気になることのひとつは交通費がどこまで負担になるかということでしょう。特に遠方からの参加の場合は思わぬ出費になります。できるだけ節約を心がけたいですが、やむをえず新幹線や飛行機を利用しても交通費は出るのでしょうか。また、新幹線の場合指定席を取っていいのか不安な人も多いかもしれません。そこで、インターンのときに負担してもらえる交通費の傾向について、申請のときに注意したい点に触れながら紹介します。

インターンの交通費は支給してもらえる?

インターンに参加するときに交通費を支給する企業は少なくありません。なかには自己負担というところも見られますが、傾向としては支給してくれるケースが多いと考えておいていいでしょう。交通費の対象になるのは公共交通機関が一般的です。上限は設けられていますが、全額支給というところも珍しくありません。ただし、立地条件などの事情によっては自家用車、またはバイクでの通勤を許可してくれる企業もあるので、公共交通機関で通うのが難しい場合は相談してみましょう。その場合は交通費の計算も通常のものと違ってくるので確認することが大切になります。駐車場に関しては完備されていれば問題はないでしょうが、個別に借りる場合はインターン先に確認してみましょう。

新幹線も利用して大丈夫?指定席を取ってもいい?

1705_1_195 (2)

交通費を支給してくれる企業には、新幹線でも交通費支給の対象になるところは多く見られます。距離的に必要であれば当然と考えている企業は多いですが、すべての企業に必ず当てはまるわけではないので、交通費の申請をする前に確認しておけば安心です。新幹線の指定席も同様の傾向が見られます。飛行機とは違い、新幹線は指定席がなくても乗車は可能なので、指定席の料金は支給されない企業もあります。多少の差額ならわからないだろうと、勝手な判断で計算書や領収書を出してしまうことのないようにしましょう。インターンの場合は印象を悪くしてしまうことは避けたいものです。指定席の料金は支給されるかどうかを確認し、対象にならないときは自己負担になります。

交通費の申請で気をつけたいのは?

交通費の計算をするときには、特に領収書は必要としないのが一般的です。これは通常の社員やアルバイトの場合で、インターンの場合は短期や長期があります。期間や週の参加日数に応じて処理は変わってくるので、領収書の提示を求められたら出せるようにしておきましょう。できればインターンが始まる前に必要なことをすべて確認できていることが理想です。しかし、確認ができなかった場合には、利用したものはすべて領収書をもらっておくといいでしょう。その場合、できる限り宛名入りの領収書をもらうように注意してください。宛名はもちろんインターン先の企業名を入れます。正式名称でないと無効になるので、細かい部分が不明なら後で書けるよう空欄でもらっておいても大丈夫です。

長期の場合は定期や回数券を利用しよう

インターンが長期に及ぶ場合は、定期や回数券を利用すると交通費を割安で抑えられます。定期は一般の通勤定期を購入してみましょう。購入するときに提示する証明書も特にありませんし、ネットでも購入できるので便利です。受け取りは駅の券売機になりますが、そのまま領収書も受け取ればスムーズに使えます。券売機の領収書は宛名がない場合があります。路線や地域で違いますが、その場合は窓口で発行してもらいましょう。新幹線も回数券を購入すると若干割安で利用できます。学割もできますが、窓口で相談してみるといいでしょう。

不明な点は企業に問い合わせる

1705_1_195 (1)

インターンでは業界のことを学んだり、企業の中で実際の仕事を経験したりするのが目的です。しかし、社会人としての常識を身に付けることもインターンに求められることです。企業の規定に沿って申請し、不明な点は問い合わせておきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る